サーファー(波乗り)について

2021年12月7日波乗り同類,波乗り

私のような波乗りも沢山いらっしゃるようでホームポイントでは毎週同じ顔があり、またホームポイントに波が無い時はかなりの距離を移動し他のポイントで波待ちをしているといつもの顔があったりと、数百キロの距離を移動しているのに当たり前のような顔で皆さんそこに居られます。それぞれの方がスケジュールを調整し波乗りの為の時間を作って行動されているのですが、何処のポイントへ行ってもだいたい見た顔があります

ホームポイント 伊勢

これは普通の生活をしている人には理解しがたい光景ではあるが、波乗りの人たちにとっては同じ目的で皆が移動するので自分達の居る地域から一番近い波のありそうなポイントを目指します。また台風の動きや長期の休みが取れる場合となると関西でいつも見ている顔を、東海地方や、四国地方、なんなら九州地方でも普通に見かけたりします

特に親しい訳ではないので名前までは知らないが顔は毎週見るので知っている面々である。他の趣味を余り知らないのでなんとも言えないが普通の人達が年に数回遠出する距離を我々は毎週移動します

こんなことが昔ありました。和歌山に波があったので和歌山で海へ入る準備をしている時に今ではあまり見ない光景ですがWAXを忘れたので貸して下さいって頼まれました。快く貸してあげて別れたのですが翌週伊勢で再び逢って笑顔で会釈されました

磯ノ浦ポイント

その翌週は少し遠出をして四国の河口に居たのですが、なんと先週の兄ちゃんがまたそこに居るではないですか、良く逢いますねって思わず笑ってしまいましたが、恐らく同じ行動パターンの人が何人も居たのだと思います

四国 河口ポイント

またこの民族は寝泊りも良くするので板を仕舞えて寝ることが出来て燃費が良い車、当然頑丈な車が人気があるわけで海の駐車場にはハイエースがズラリと並びます。私も欲しかったのですがマンションの地下駐車場に入れれないので別のディーゼル車に乗っています

サーファーに人気のハイエース

最近、海へ行くと挨拶される機会が多くなってきました。いつもお会いする方も居られますが恐らく初対面(私が覚えていないだけかも知れませんが)の方も多いと思います。私の年齢が高くなって来たので挨拶されるのかもわからないですが、サーファー同士が海で普通に挨拶するような良い時代になったな~と思います。それにしても昔は若い人の遊びだった気がしますが最近は年配の方が多いのでオリンピックを見て始めたい若い方も是非始めてみては如何でしょうか

Posted by いっちゃん