アイテムの保管方法,波乗り関連サーフィン,DIY

サーフィンのブーツ&グローブを干す時に使っているかける君ですが、ウインターシーズンが終わると出番がなくなるので仕舞い込むのですが、このかける君はぶら下げても使えますが、私はベランダに置いて乾かせています。

超有名なかける君
台座があるので結構な幅をとります

その台座は無いと困るのですが、あると仕舞う時に邪魔になります。というのも外して収納も出来ないことはないですが、3つの部品になってしまうので台座を外すと失くしてしまいそうでいつも台座を付けたまま仕舞いますが、かなり場所を取られます

そこで今回も仕舞おうと思って本体を眺めていたのですが、急に閃いたので今回はDIYで外した台座が無くならない様に本体で格納出来る様に加工してみました

丸い穴を利用してカッターで広げます
台座が2個あるので2つの穴を加工します

カッターナイフで切り込みを入れ、ラジオペンチで挟みながらネジれば簡単に台座を挟めるスペースが出来、ペンチで挟んで切り取れば多少汚くなるので、あとはカッターナイフで整えれば簡単に綺麗になります

先程の加工した穴を利用して台座を固定します
固定すればこんな感じにスッキリします
伝わり難い画像ですが、厚みがほぼなくなりました

半信半疑でスタートしましたが、ものの5分で完成し、簡単に台座を畳むことが出来ました。メーカーも何年もこの形なのでもう少し考えてくれればいいのにな~。これ思った以上にスッキリとして隙間に仕舞う事が出来ました。おススメです。

波乗り関連,DIY関連FCSⅡ

FCS2のフィンを脱着をすることも多いかと思いますが、最近ではフィンの脱着器具が販売されています

フィンを外す器具(あれば便利そう)

海へ入る前に付け替えたりしますが、早く海へ入りたい気持ちもあるので少し焦りながら交換することが多いので脱着器具があると良いのですが、わざわざその為だけに購入するのも勿体ないのでタオルで外しています

私の場合は殆ど同じフィンを付けたままなので年に数回程度しか脱着しませんが

ただ焦って作業をするとボードやフィンBOXに負荷がかかり過ぎないかと気になってしまうし、結構な力で留まっているので外すにも、嵌めるにも衝撃があるので毎回ドキドキしてしまいます(小心者)

これがあれば助かるのだが。。。

ここ最近新型コロナ感染防止の為、自宅に居るのですがこの際暇を持て余しているのでフィンを外すツールを自作することにしました

要はテコの原理があれば力が少なくても外せる訳なので、家にあった材木で作成することにしました
木材なので加工しやすいので、ドリルで6mm強の穴を立てにあけて、その穴同士をノコギリで繋げて、あとはカッターとヤスリで成型すれば10分もあれば完成しました(穴の角度をフィンに合わせれば尚良いかと)

普通の丸い木の棒(横から見たところ)
穴を上から見たところ(だっさ~、しかもガタガタ)
このあと見苦しいので穴は真っすぐに削り直しました

見た目は超ダサいですが、充分使えました(少ない力で外すことが出来ます)

簡単に外せます

もっとスタイリッシュな材料を使えば格好良いかも知れません。ダサいので車に積むかどうか思案中です

皆さんも是非試してみて下さい(因みに私は本物の製品を見たことがないので悪しからず)

こんなに海へ入らなかったことがここ10年以上無かったので暇をこじらせてます。次何を作ろうかなあ~
サーファーの皆さんもう少しの間一緒に頑張りましょうね