波乗りアイテムサーフィンの道具

今回は波乗りに必要な道具類をご紹介させて頂きたいと思います                

必要なもの  

  • サーフボード
  • リーシュコード
  • ワックス
  • 水着
  • ウエットスーツ
  • タオル

あれば便利なもの 

  • ウェットバケツ
  • ボードを拭くタオル
  • ポリタンク
  • 日焼け止め
  • ポンチョ
  • ボードケース
  • ニットケース
  • 時計
  • 綿棒
  • ワセリン 

季節により必要なもの

  • ブーツ
  • グローブ
  • 防水ベルト
  • 耳栓
  • ネックリング
  • ホットジェル

その他

波乗りを始めた頃は今では考えられないのですが師匠(友人)がシャワーも浴びなかったので板(リーシュを巻いたまま)とウエットスーツとWAXとタオルとお金を持って海へ行ってました。海からあがってタオルで拭いてそのまま車に乗っていたので車も砂だらけでした。ウエットスーツはビニールのゴミ袋に入れて帰ってました。何年も波乗りをしていると便利なものが徐々に販売されるようになり今では車の中は道具でビッシリなりました。色々必要なものを書きましたが上記以外にも薬(クラゲ、虫、傷等)や蚊取り線香とかバケツとか殺虫剤など知らず知らずのうちに重装備になってしまいました。必要を感じた物から揃えれば良いかと思います。今はどこにでもコンビニがあり何でも揃うので便利になりました

サーフボード関連サーフィンの道具

ハードケース(頑丈です)         ニットケース(汚れを防ぎます)

不注意でクラッシュする可能性があるのでハードケースに入れるのがベターかと思います。私は移動時、車の中に積んでいますが以前ニットケースのみで運んだりしたこともあったのですが、家から車に積むのにも緊張するので今はハードケースに入れてます

始めた頃はサーフボードをそのままキャリアに積んでいましたが、ボードが傷むし汚れるのでケースに入れて車内に積むようにしています

また以前はWAXの付いたボードをそのままハードケースに入れて運んでいましたが、ケースも直ぐにWAXで汚くなるのでニットケースに入れてからハードケースに入れていました(WAXの付いたボードをニットケースに入れるのは面倒でした)

今はWAXを使っていませんのでタオルで水分を拭いたらハードケースにそのまま突っ込んでいますがケース内も綺麗に保てていてます

大切なボードはケースに入れる方がやはりベターかと思います