波乗り日記サーフィン

志摩市及び、三重県サーフィン連盟から6月1日より、志摩地方の駐車場が解放されるという待ちに待ったニュースが飛び込んで来ました。長かった~

日本サーフィン連盟・三重支部より

毎日ライブカメラで無人の国府の浜を虚しくチェックしていましたが、今回の新型コロナの感染拡大防止の為の自粛については、志摩方面をホームポイントにしている皆さんは本当に頑張っていたと思います。時間が掛かりましたが自粛を守られていたから駐車場の開放が実現したと信じています

6月1日からは県を跨いでの移動も可能(一部の地域は19日より)となりましたのでやっと海へ入ることが出来ます。嬉しすぎて何から始めようか落ち着かない状況です

この春用に作ったフルスーツも着ないまま、季節がシーガルに移行しそうなのでフルスーツは秋まで温存します(くそ~着たかったな)でも海入れたら何でもいいや

ただコロナが完全に無くなった訳ではないので、新しい生活様式を取り入れて感染しない様に心掛けしながら波乗りをしなければなりません。これも海入れるならマスクや消毒位いくらでもやります

二度とこの様な悲しいことが無いように皆で注意しながら波乗りしましょうね。海へ行ければまた波乗り日記が更新出来るので、本当に良かった。

皆さんまた海でお会いしましょう~

波乗り日記サーフィン,伊勢の波情報

新型コロナ感染拡大防止の為、先月の初旬よりサーフィン自粛を続けておりますが、久しぶりに波乗り日記を更新しようかなと思い書きました。昨日志摩市より下記お知らせが発表になりました

【サーファーの皆様へお願い(5/15更新)】
この度、三重県における緊急事態宣言が解除されたことを受け、志摩市でのサーフィン自粛について、三重県内在住のサーファーの皆様に限定をして、解除をさせていただきます。
 ただし、マスクの着用や「密閉・密集・密接」の状況回避、ソーシャルディスタンスの確保、発熱などの症状がある場合の来訪自粛など、新型コロナウイルス感染症への対策は、引き続き徹底していただきますようご協力ください。
 なお、緊急事態宣言が解除されていない都道府県があること、また、政府から緊急事態宣言が解除された県の間でも往来を控えるよう発表があったことから、県外在住のサーファーの皆様におかれては、引き続き志摩市におけるサーフィンの自粛にご協力をいただきますようお願いいたします。
 県外在住サーファーの皆様には、引き続き我慢をお願いすることとなりますが、新型コロナウイルス感染症の情勢に応じ、皆様にもご来訪いただける状況となった際には、心より歓迎させていただきたいと考えておりますので、今は何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

このお知らせを見てやっと一歩前進した気がしてきました。志摩地方の駐車場はまだ閉鎖しているようですが県内サーファーやローカルの方々には開放されただけでもいよいよ前に向かって進んで来たような気がして嬉しいニュースです

早く海へ入りたいなあ~(ほんの少し前なら普通の光景だったのですがね)

大阪在住なのでまだ緊急事態宣言が発令中で県を跨ぐ移動が出来ない為、近県のサーフポイントにも行けない状態です。今日から県内限定で解放された国府の浜の様子をライブカメラで見ることしか出来ないですが、本日は現時点でまだ国府の浜、市後浜にも人の姿は見れませんでした。人数はラスタで2名ってなってましたが映像では確認出来ませんでした。あ~近くに波がある海があればいいなあ~

サーファーの皆さんもう少し一緒に頑張りましょう。もう少しで開放されると信じて待ちましょう
早く普通の波のり日記を書きたいなあ~