アイテムのメンテナンスワックスリムーバー

サーフボードのワックスを剥がすのに今まで色んな方法でやってきましたので皆さんのご参考になればと思いご紹介させて下さい

一般的なワックスリムーバー

①太陽熱で溶かす。これは昔から使用されているオーソドックスな方法ですが地面(砂浜や駐車場等)を汚してしまう可能性があるので溶ける頃合を見逃さないで下さい。太陽光にボードを当てて温めてからリムーバーで削り落とす手法で海へ行った時などで行いますがやはり環境が気になるので注意が必要です。アスファルトや地面を汚さない様にすること、外したWAXの管理方法(ビニール袋等)全て波乗りの責任です

②風呂場でシャワーや熱湯をかける。この方法も何度か使いましたが風呂場にWAXが付着(あんまり気にならない)するのと風呂場にボードを持って入る時にお風呂の扉や湯舟でクラッシュしてしまうので時々緊張と戦慄が走ります。お勧め度は低いです。家の風呂場の入り口が狭いのでかなりの確率で戦慄を走らせてました(笑)

③ドライヤーで溶かしてリムーバーで削る。これは一番良く使った方法ですが新聞紙などで養生しながら作業を行いそのまま新聞紙を丸めて捨ててました。家のフロアーが汚れる可能性があるのでワックスを落とさないように気を使います

液体リムーバー

上記の方法で粗方WAXを削ったあとは通常の液体リムーバーで綺麗に仕上げを行うと思うのですが、この液体リムーバーではスッキリ取るのに時間が掛かる上に油のようにテカリます。それが嫌なので私は最後までドライヤーとキッチンペーパー&ティッシュで格闘していました。なかなか面倒な作業なのでWAXをそのままに放置して結構真っ黒な板を乗っていた記憶があります。気のせいか最近真っ黒になった板を見ることが少なくなりました。皆さんスタイリッシュになったのでしょうか

ピックル 超おススメです

しかし、PICKLE (ピックル)wax removerというWAXリムーバーと出会ってからは液体リムーバーも使うことなく完全にサラサラのデッキにすることが出来るようになりました。これは超お勧めです

不思議ですがボードも傷めずワックスがスッキリ取れます。 嘘の様な話で理屈は分かりませんがこれで綺麗に取れます。ハワイのショップの店員さんもこれでWAX落としてました 。使い方はワックスコームでWAXをそぎ落として、最後の一番厄介な部分はこのピッケルで擦れば簡単に取ることが出来ます。これで取ると本当にツルツルになり直ぐに新しいWAXが塗れます

アイテムのメンテナンスウエットスーツ,サーフィンの道具,メンテナンス

ウエットスーツは着用後、必ず付着した塩分を真水で洗い流してバケツ等に水を貯めて優しくすすいで下さい。(皆さんご存知ですね)熱いお湯はウエットスーツの接合部を痛めたりするみたいなのでぬるめのお湯ですすぎましょう。最近のウエットスーツは高価ですので出来るだけ長くお付き合い出来る様に頑張りましょう

熱湯でウエットスーツを洗う人も居ないでしょうから普通にすすげば問題ないと思います。また冬場でもぬるめのお湯で洗うように致しましょう。私はケチですから少しでも長く付き合える様に日陰に干したり、畳んだまま放置したりはしない様に心掛けています

シャンプー&コンディショナー
(愛用品です)

また何度かに一度ウエットスーツ用のシャンプー&コンディショナーで洗っています(柔らかくなるみたいですが、あまり実感はありません、たまに洗濯で使う柔軟剤を混ぜたりしますが若干柔らかくなった気がします) 

このメンテナンス方法で何年も使えているので普通に扱っていれば結構長く付き合えると思います。最近Youtubeでウエットシャンプーは良く無いという記事を目にしたので少し使用する間隔を空けてますが昔からの習慣で私はこれからも使っていこうと思っています

またウエットスーツの保管方法ですが、ウエットスーツは季節ごとに使い分けるのでその季節が来るまで数か月は保管となります。ウエットスーツも結構高価なのでタッパは普通のハンガーに吊るしてますが、型崩れすると困るのでスプリングより重たいウエットスーツは全て肩守くん、またはR2ハンガーで吊るしています。かなり昔ですがウエットスーツを普通のハンガーに吊るしていて長い間保管していたら肩の部分が若干伸びたことがありました。いまは生地も進化していてそんなことが無いのかも知れませんが何万円もするので少しでも長持ちするようにハンガーはウエットスーツ用を使った方が良いかと思います

定番の肩守くん
最近はR2を使用しています
(肩守る君よりコンパクトです)

最近、ウエットスーツを入れていたクローゼットを買い替えた為、肩守くんだと入りきらなくなったのでハンガーを一部DIYで加工し小さくして、残りは全てR2に買い換えました。肩守くんを使用する時はスペースに注意が必要です(笑)ウエットスーツには優しいですが、クローゼットには厳しいです