ウエットスーツ関連,波乗り関連ウエットスーツ,ウエットスーツ水漏れ対策

今着ているネックエントリーのウエットスーツが購入後3年くらいになるのですが、週一しか着ないのに最近股間の辺りが海へ入ると直ぐに浸水してきます

ネックエントリー

そもそもネックエントリーは海水が殆ど侵入してこないので、派手にワイプアウトしなければ身体が濡れない日もあるほど防水性に富んでいるのに今は浸水してくる

12月まではまだ耐えれる水温なので気にしていなかったのですが、ブーツを履く季節になると股間が直ぐに濡れてくるのは流石に寒い

先日も入水時から冷たく感じたので、あまり悠長に波待ちをしていると寒くなってくる。動いていると気にならないので出来る限り動き回らないと寒くなるので疲れる

メーカーに聞くと2週間で修理はしてくれるそうだが、他のセミドライも間が悪いことに全て処分してしまって、秋に着るフルスーツしか持っていないので2週間海に入れないのは辛いし、一旦自分で修理をしてみてダメならメーカーに修理に出そうと思い。ウエットボンドでの修理を実行しました

ウエットボンド

先ず、浴槽に水を貯めてネックエントリーのウエットスーツ内に息を思いっきり吹き込み空気を入れて沈めてみます

これは一人では結構ムズいです。ウエットを沈めて空気が漏れている箇所を見付けて裁縫の時に使うチャコで漏れてる箇所に印を付けます

裁縫で使用するチャコ

数か所から空気が漏れていましたが縫製部分の保護のために貼られているメルコテープがある為、ピンポイントで漏れた箇所が解りません。また修理するにもメルコテープがあれば修理出来ないので、漏れている部分一帯のメルコテープを剥がすことにしました

メルコテープ
(防水ではない)

一旦、ウエットスーツが乾くのを待って、アイロンを低温に設定し、あて布をあてながら15秒程あてて、暑いですが剥がれかけているメルコテープの端を持って剥がしていきます

少しずつずらしながら作業を行い、該当部分のメルコテープを撤去します。私の場合は股間部分のお尻側(前では無くて後ろ側)に漏れが集中してました。何故か前側は全く漏れがなかったです。そこでもう一度風呂に付けて漏れをピンポイントで探してチャコで印を付けます

何か所も漏れがありましたが、完全に乾くのを待って次はウエットボンドでその部分を補修していきます

※ここで注意ですがメーカーに確認したところ、漏れが発生した場合の修理方法はその縫製部分を再度縫製し直すそうなので、 ウエットボンドで修理をしても完全には直すのは厳しいと言われました

でも修理に出す2週間が嫌なので、チャコで印を付けた部分にボンドを塗って圧着していきます。何とか数か所を修理し乾かして週末の海で様子をみます。海に入ると前週よりは少しマシですが、やはり浸水してきます

海に入るとやはり浸水してくる

完全に破れている訳ではなく小さい目に見えない位の穴が空いていると思われるので修理するには限界があるのかなと諦めかけていたが、 再度風呂に付けて確認してみると漏れている箇所が3箇所に減っていました

でもこれ以上ボンドで修理するにも見た目では穴も判らないしこのまま春まで我慢して使って暖かくなってフルスーツに移行したらネックエントリーを修理すれば良いと諦めてました

そしてヤフオクをたまたま見ていたら、メルコテープの様だが完全防水の修理用テープが売られていたので早速購入してみました

こんな商品がヤフオク、メルカリで売ってました

使用方法はメルコテープと大体同じですが、アイロンの弱で15~20秒あて布を使って温めます。そのあとは手で1分押えると圧着されます

商品の取り扱い説明画像です(ヤフオクの商品説明画像です)

漏れてる残りの3箇所をこのテープで補修し、週末海で早速試してみました

海へ入っても全然股間が冷たくないです。買った時の様に暖かいままです。なんとかこのテープが水の侵入を防いでくれたと思います

良かった、これで春まで持ってくれれば修理に出せる~

ひょっとしたらこのまま使うかもしれませんが試しに、風呂で再度漏れのチェックをしてみましたが股間の漏れは見付かりませんでした。

これは皆さん良いかも~です

後日談、海へ入って気付いたのですがこのテープは伸縮性は無さそうなので股間に貼った部分も若干突っ張った感じがします。でも濡れるよりマシなのでもう少し様子みますが、このウエット他にも浸水箇所があるみたいです。再度調べたら膝部分が浸水してました(疲れるな~)

ひざ赤い丸部分が今回膝部分の補修箇所です。
それ以外は、通常のメルコテープです

膝部分の縫製箇所が浸水していたので、再び防水テープで補修しましたので写真アップします。また週末確認します

アイテムのメンテナンス,波乗り関連ウエットスーツ,サーフィンの道具,リペア(修理)

ウエットスーツの修理と言えば接合部の両方にウエットボンドを薄く塗り、触ってもくっ付かない位まで乾かし、指で接合部を1分程度つまんで接着するのが一般的ですが、1分も指でつまんでいたら指が疲れるし数か所あれば時間が掛かるのでエアーニッパー(業者の方が接着に使っている器具)と同じ様に短時間で強い力で圧着するにはどうすれば良いか考えて出したのはアンギラスで圧着することです

自分で思いついたので友人にしか言ってないですが、この方法で10年以上圧着してますが今のところ特に不具合は出ていません(気付いて無いだけかも)

力加減が文章では伝えにくいですが、あくまでもウエットスーツなのでバカ力でつねったら破けるので要注意です(普通の力で軽く、一瞬で大丈夫です)しかしあくまで自己責任でお願いします。近年のウエットスーツは高価になってますので慎重にお願いします

【用意するもの】
 1.ウエットボンド
 (鮮度は結構重要です、経年で確実に劣化しますので製造年月にはご注意下さい)  
  ※毎シーズン使ってますが、ボンドに粘り気が出てきたら交換の目安です

 2.アンギラス
 (工具:ペンチでは平行に挟め無さそうなので使用したことはないですが代替えとして大丈夫かも知れません)

 3.爪楊枝
 (これは何でも良いですが、狭い隙間にボンドを塗る為に使用します)

【作業手順】
 ①破れた(破れかけている)箇所を確認します。汚れていないか濡れていないかボンドが塗れそうかを確認
 ②破れた箇所の両方にウエットボンドを全面に塗ります(沢山つけても垂れるし、乾かないので薄くで大丈夫です)
 ③数分(季節にもよります)置いて、塗った面が乾いて指が引っ付かなくなった程度で大丈夫です。
  ※乾くのを待つのは気になりますがウエットを接着する時は乾いて丁度いいです。乾かし過ぎてもダメです
 ④接着する箇所がズレない様に軽く指でくっつけて押さえます(圧着前の仮止めです)
 ⑤接着した箇所を端から順にアンギラスで接着箇所が平行になるように軽く挟んで(圧着して)いきます。
  ※圧着したあとは特に引っ張っても外れたりはしませんが念の為に完全乾燥時間は放置しましょう
 ⑥圧着したあとは、ボンドの完全乾燥(24時間)を待てば完成です

シーガルのインナーネック部分が裂けてしまいましたので修理を行います
ボンドは多目に出して粘度の少ない所を使います
裂け目に薄く均等にボンドを塗ります
乾燥させます(指で触れてもくっつかない程度まで)
アンギラスで軽く摘まんで一瞬で圧着します
圧着に使うアンギラスです
圧着した直後です(既に密着していますので後は完全乾燥で完了です)
完成です(表側です)

【注意事項】
 ・接着する前の乾燥は必須です。半乾きで接着したことは無いですがやめましょう(接着出来なかった後悔するので)
 ・圧着時はデリケートなウエット生地ですので、バカ力は不要です。軽く挟んでもかなりの圧力かと思います
 ・圧着して翌日海へ入ったこともあり特に問題無かったですが、一応説明書の乾燥時間は厳守しましょう
 ・ボンドの蓋を開けた時に粘り気があったら迷わずやめましょう(再利用を諦め、新品を購入しましょう)

◆この方法は何年も行っていますが、特に問題無く使えているので一度お試し下さい(自己責任で)