おススメおススメ,サーフィンの道具,防寒グッズ

これは良かったです

冬のサーフィンで一番辛いのが海から上がった時の着替えかと私は思います。近頃のウエットスーツは昔のウエットスーツに比べれば断然柔らかくて脱ぎ易くなったと思います。それでも極寒の中で着替える時に指が悴んでいたりすると中々脱げなくて少しでも早く脱ぎたい時に踵が引っ掛かって脱げないときはイライラします。そんな時に何か良いものが無いのか探しているとホットカプセルのサーフブーツ用ハイソックスを見つけました

セールスポイントはこのソックスを履くことでブーツの着脱がスムーズになり、スルスルと力要らずで出来ます。また特殊気密起毛加工で真冬でも足はホカホカで着脱でのブーツへの負担が無いのでブーツの寿命も延びるそうです。足裏は両面に滑り止めが付いているので直にブーツを履くよりグリップするので運動性能もUPします

こんな感じで膝下までの長さがあります
足裏は滑り止め加工されているのでズレないです
良く分かりませんが暖かいそうです

実際に履いた印象を正直にお伝えします。ハイソックスを履いてからウエットスーツを着るので若干素足よりハイソックスを履いてる方が滑りが悪いです(これは不思議ですがマイナス面でした)しかしブーツはスルっと履けるので助かります。もともと濡れてなかったらブーツはスッと履けるのですが雨や雪で濡れていたりするとこれは助かります。ウエットスーツも濡れていたら明らかにハイソックス装着時の方が着やすいと思います

私のブーツは結構ジャストサイズなのですがどうしてもブーツ内に海水が入ってきて気になることがあったのですがこれを履くとその感覚が少し減ってしかも暖かいのでそれだけでも買って良かったです。ライディング中も全く違和感なく私にはブーツがピッチリ張り付く感じでGOODでした(これは非常に有難い)。私はブーツ内に海水が入るとたまに海水を抜くために一旦海から上がり足を上げてブーツから海水を抜くのですが、このハイソックスで同じことをしたらツーと海水が一瞬で出て来たのでこれも有難いです(こんなことしてる人見かけないので私だけかな)

最後に一番気になっていた脱ぐ作業ですが、これは本当に脱ぎ易いです。サーファーなら皆さん経験あると思うのですが片足でバランスを取りながらウエットを脱ぐので踵が引っ掛かっておっとっと~ってなるのですがあっさり脱げるので長い時間バランスを取らなくて良いです(笑)ブーツもスルッと脱げます。暖かいし安いのでこれは本当にお薦めです

波乗り日記サーフィン,伊勢の波情報、 国府の浜、市後浜

【ポイント】市後浜、【天気】晴、【気温】13度、【水温】16.4度、【波】膝~もも、【ウエット】セミドライ

市後浜 ダンパー中心でした

今週末は伊勢方面は波が小さい予報なので京丹後方面に向かう予定で出発したのですが道中で波情報を確認したところ市後浜のライブカメラに数名映っていて、しかもショートボードの方が映っていたのでこの時間で乗れる波があるなら夕方は多少上がる可能性があるので燃料が勿体無いですが急遽伊勢方面に変更しました(後で考えるとなんで波情報をチェックしたのか不思議ですがそのまま八丁浜へ向かうべきでした(><)

今日の日中は暖かくこれで波があれば最高だな~と思いながら市後浜をチェックすると膝ちょい位の波で潮が引いていてインサイドで割れているだけで、しかもダンパーで中々厳しい波でした。やっても~た~やっぱり日本海へ行くべきでした(-_-;)

到着時の市後浜 やっても~た~ 天気は良かったです

それでも夕方に期待して国府の浜をチェックしました。久しぶりにメインをチェックすると市後浜より厳しい感じでセット膝位でした。メインをチェックした時に壊れた水門付近に人が多めに見えたので壊れた水門前をチェックすると、此方も膝位ですがセットはもも近くありました。どうするか悩んだのですがサイズはまだ市後浜の方が若干あるかなと思い市後浜へ戻りました(市後浜のダンパーより国府の浜の方が良かったかも)

国府の浜 メイン 波は極小でした
国府の浜 壊れた水門前 膝波でしたがロングでは何とか遊べていました
市後浜 夕方です 波は良く無かったです

結局夕方前まで待機しましたがサイズが上がることも無く海面が乱れただけでセットは一直線のダンパーでしたが折角来たので入りました。まともに走れる波も無く数本乗って上がりました。夕方はさらにセットの間隔が長くなりましたが水温が暖かいのだけが救いでした。この水温に惑わされて伊勢に来てしまうんでしょうね。先週は遊べましたが今週はただのドライブでした

伊勢は物足りない波でしたが、本日も皆さんお疲れ様でした