波乗りアイテムポリタンク

20Lポリタンク

今ではサーファーの必需品ではないでしょうか。波の良い場所を探して波乗りをする以上どんな環境で海へ入るかわからない、当然シャワーの無いポイントもいっぱいあるので水(お湯)&ポリタンク&ポリタンクカバーが必要になります

ポリタンクカバー

私が始めた頃、今では私自身も考えられないですが海から上がってシャワーがあれば使いますが、無ければそのままタオルで海水を拭いて帰ってきてました(キタナ~い)

ポリタンクを使うようになってからは海まで時間が掛かるので冬場は家でかなり熱めのお湯をポリタンクに詰めてバスタオルで巻いて冷めない様にして海へ行ってました

そして現在のようにポリタンクカバーが販売されてからは20Lのポリタンクに湯沸かし器のお湯を入れて海へ通ってました。20Lのポリタンクを満タンにするとかなり重く、何度もポイントを変えたりしない状況では20Lのポリタンクカバーに10Lのポリタンクを入れて使用していました(その時は10L用のポリタンクカバーは無かったような気がします)

10L用のポリタンクカバーを見つけてからはそれを愛用しています。またその10Lのポリタンクとカバーでどれだけ保温出来るのか、先日検証してきましたので紹介致します

10Lポリタンクをケースに入れて荷室に格納

【検証状況】外気温は8度~10度、移動中車内のエアコン設定は26度、ポリタンは荷室に保管、ポリタンクに入れたお湯の温度は41度、経過時間は8時間(朝8時にお湯を入れて、16時に計測)、ポリタンクは10L(タンクに9割程度お湯を入れて、直ぐにケースに格納)

8時間後に計測した温度です

【検証結果】41度のお湯が8時間後、31.6度でした。(8時間で約10度の温度変化)熱くは無いですが、海から上がって浴びるには充分温かい温度でした。ポリタンクに入れたお湯の温度は湯沸かし器の設定温度42度(実際の測った温度は41度でした)

完全に満タンにしたら
もっと温度差が少なかったかも

波乗り日記キャンプ場横,サーフィン,福井の波情報,鳥居浜

【ポイント】鳥居浜、【天気】雨、【気温】7度、【水温】16.1度、【波】腹~胸、【ウエット】起毛ネックエントリ

鳥居浜・キャンプ場横

この季節は毎週日本海方面を目指すのですが、伊勢と比べると水温が4度近く低いので出来れば伊勢に行きたいがやはり波が無いので高浜方面へ向かうことにしました

今週は高浜以外の日本海側のポイントが結構荒れ気味で高浜も混雑が予想されますので難波江から順番にチェックしました

難波江の波・のんびりした雰囲気でした

難波江はもも~腰位で良いうねりは入ってるのですがあまり割れていない様子でした。しかし空いているので悩みましたが一旦鳥居浜チェックすることにしました

鳥居浜はセットはムネ近くあって場所を選べば良い波が割れていますが、良いポイントは結構人が集まっていました、ここで入ることにしましたが和田浜もチェックしました

和田浜も選べば良い波でした

和田浜は空いていてセットはムネ下くらいあるのですがセットは繋がり気味だったのでやはり鳥居浜のキャンプ場横で入りました。水温はまだマシでブーツの方もチラホラ見ましたが無くても大丈夫でした

鳥居浜・賑わってました

波はセットでムネ位でかなり綺麗に割れているのですが、人も多目でなかなか激戦区なので数本乗って河口側へ移動しました。此方も少し早めのブレイクでしたがまあまあ遊べる波でした。ただ夕方前位には流れが入り、面も汚くなったので和田浜へ移動しました

夕方の和田浜はサイズは落ちましたが、選べば切れた波もあって日没まで遊べました 今週も雨は降りましたが、風が無かったので今週も着替えは楽チンでした。

今年最後の波乗りでした。皆さんお疲れ様でした~