ポリタンクとポリタンクカバーの効果

2021年4月20日波乗りアイテムポリタンク

20Lポリタンク

今ではサーファーの必需品ではないでしょうか。波の良い場所を探して波乗りをする以上どんな環境で海へ入るかわからない、当然シャワーの無いポイントもいっぱいあるので水(お湯)&ポリタンク&ポリタンクカバーが必要になります

ポリタンクカバー

私が始めた頃、今では私自身も考えられないですが、海から上がってシャワーがあれば使いますが、無ければそのままタオルで海水を拭いて帰ってきてました(キタナ~い)

ポリタンクを使うようになってからは海まで時間が掛かるので冬場は家でかなり熱めのお湯と水を混ぜて熱いめのお湯をポリタンクに詰めてバスタオルで巻いて冷めない様にして海へ行ってました

そして現在の様にポリタンクカバーが販売されてからは20Lのポリタンクに湯沸かし器のお湯を入れて海へ通ってました。20Lのポリタンクを満タンにするとかなり重く、水量を減らすと早く冷めるような気がして何度もポイントを変えない状況では20Lのポリタンクカバーに10Lのポリタンクを入れて使用していました(その時は10L用のポリタンクカバーは無かったような気がします)

10L用のポリタンクカバーを見つけてからはそれを愛用しています。またその10Lのポリタンクとカバーでどれだけ保温出来るのか、先日検証してきましたので紹介致します

10Lポリタンクをケースに入れて荷室に格納

【検証状況】外気温は8度~10度、車内のエアコン設定は26度、ポリタンは荷室に保管、ポリタンクに入れたお湯の温度は41度、経過時間は8時間(朝8時にお湯を入れて、16時に計測)、ポリタンクは10L(タンクに9割程度お湯をほぼ満タンに入れて、直ぐにケースに格納)

8時間後に計測した温度です

【検証結果】41度のお湯が8時間後、31.6度でした。(8時間で約10度の温度変化)熱くは無いですが、海から上がって浴びるには充分の温度でしたポリタンクに入れたお湯の温度は、湯沸かし器の設定温度42度(実際の測った温度は41度でした)

完全に満タンにしたら
もっと温度差が少なかったかも

Posted by いっちゃん