波乗り趣味

私の趣味は、波乗りです

趣味は波乗り(イメージ)

サーフィンと言わずに波乗りと言っています。何故か解らないが波乗りを趣味とする人はサーフィンとは言わず波乗りと言います

私も昔から波乗りと言っています。この趣味と出会ってから既に30年以上になるが、腕前はさほど上手ではない。趣味には元々熱中するタイプの人間であるが、波乗りだけは嵌り方が半端ではなかった

同じ波乗り人には理解して戴けるでしょうが、そうでない方には全く理解出来ない趣味である。まず、大阪には波乗りが出来る海がない、そこで海に行くまでに相当な時間を車で移動するしかない。因みに私のホームポイントまで片道4時間半掛かる、それから海へ入って、再び4時間半のロングドライブを強いられる

波乗りには波が必要

また、毎回波があるわけでもなく、同じ波でも無いので、波の無い時や海が大荒れで入れない場合もある。その場合は波のある場所を求めて車で移動しなければならない

その為にも週の始めになると週末の波の予想が必要となり、天気図を見ながら週末の波を予想する

普通に生活している限りでは余り考えないかも知れないが、ある程度波乗りをやっている人間には当たり前の話で 天気図や、潮の干満、月の大きさ等を考慮に入れつつ日々、予想と妄想を行う

妄想と言えば、今はあまり機会が無くなりましたが、大阪の中ノ島中央公会堂で『サーフィン映画会』といったイベントがありガラム(インドネシアのタバコ)の匂いが充満する中、そして奇声が飛び交う中で波乗りの映像を見ながら大騒ぎをしてたのを思い出します

中之島公会堂 「サーフィン映画会」が開かれていました 

そんな波乗り漬けの生活の中で、階段や坂道があれば波のスロープを妄想し、ガードレールや電柱なんかは波のリップ想像してイメトレをしていました

始めたのが少し遅めの20歳の頃だったので、その時は毎週が楽しくて、ただ年齢を考えると30歳まで続けてたら凄いなって仲間で言ってたのですが、まさか30年以上も続けてるとは夢にも思いませんでした

波乗りはじまり,波乗り

波乗りを初めたきっかけは今から30年程前の二十歳の頃、たまたまテレビで見ていた映画『ビッグウエンズデイ』に完全に憧れてしまい、波乗りをしている友人にお願いして海へ連れて行って欲しいと頼みました

『ビッグウエンズデイ』は、いまでも見ると元気になるので僕の中ではベスト1の映画です

映画『ビッグウエンズデー』

そして友人に連れていって貰ったのですが、その日は全く波が無くて海にも入らず悔しい思いで帰ってきたのでした

波が無いと波乗りは出来ない(当たり前か~)

そうか、海へ行けば波乗りが絶対出来るわけではないのか~

その後、私は道具から入るタイプなので、直ぐにサーフボードとウェットスーツを買いに行き、再び波乗りに向かうのでした

ただ、波乗りに行くことを会社で言っていたら、先輩が昔やったことがあるので俺も連れて行って欲しいということで一緒に行くことになったのですが、到着して早速着替えてたら先輩のウェットスーツ姿に違和感を覚え、『先輩、何かウェットスーツ逆に着ていませんか』って伝えました

というのもサーフィン用のウェットスーツはファスナー部分がサーフボードに擦れることを避ける為か背中に装備されているのですが、先輩はファスナーを思いっきり前で締めていたのが見えたので指摘しました

『あっそうか逆かっ!!』ってかなり焦っていたので、きっと先輩は未経験なんだと悟りました。
そして再び着替えた先輩はまたチャックを前で締めているではないですか

今度はかなり締め難そうにしているので確認してみると先輩は逆という言葉を後ろ前ではなくて、裏返しと勘違いしているみたいで、なんとウェットスーツを裏返して着ていたみたいです(嘘みたいな話ですが実話です)きっとこの先輩は間違いなく初めてなんでしょうね。。。。

そんなゴタゴタの中、初めて波乗りを経験しましたが、映画とはほど遠く、こんな過酷なスポーツが他にあるのかと思えるほど徹底的に凹みました

先ず腹ばいになって真っ直ぐ漕ぐ事が出来ないので、当然沖にも出れないので波に乗ることなんて到底出来ない

友達を見てると普通に波に乗っているが、こっちは沖にも行けないし、波も怖いし、来る波来る波を板を抱えて飛び越えているのが精一杯で波が来れば垂直飛びの連続

また腹ばいになってはひっくり返るの繰り返しでさっぱり楽しくない。で先輩を見ていると沖に行くことも既に諦めて浜近くでパドリングの練習をしているみたいでした

この時にこれからの人生が決まってしまったのかも知れませんが、沖で楽しいそうに笑っている人達と 手前で泣きそうな顔をしている人が混在するとんでもないスポーツに片足を突っ込み、その時沖で笑っている人たち側に必ずなると心に誓ってしまうのでした