趣味のお話

2021年1月11日波乗り趣味

私の趣味は、波乗りです

趣味は波乗り(イメージ)

サーフィンと言わずに波乗りと言っています。何故か解らないが波乗りを趣味とする人はサーフィンとは言わず波乗りと言います

私も昔から波乗りと言っています。この趣味と出会ってから既に30年以上になるが、腕前はさほど上手ではない。趣味には元々熱中するタイプの人間であるが、波乗りだけは嵌り方が半端ではなかった

同じ波乗り人には理解して戴けるでしょうが、そうでない方には全く理解出来ない趣味である。まず、大阪には波乗りが出来る海がない、そこで海に行くまでに相当な時間を車で移動するしかない。因みに私のホームポイントまで片道4時間半掛かる、それから海へ入って、再び4時間半のロングドライブを強いられる

波乗りには波が必要

また、毎回波があるわけでもなく、同じ波でも無いので、波の無い時や海が大荒れで入れない場合もある。その場合は波のある場所を求めて車で移動しなければならない

その為にも週の始めになると週末の波の予想が必要となり、天気図を見ながら週末の波を予想する

普通に生活している限りでは余り考えないかも知れないが、ある程度波乗りをやっている人間には当たり前の話で 天気図や、潮の干満、月の大きさ等を考慮に入れつつ日々、予想と妄想を行う

妄想と言えば、今はあまり機会が無くなりましたが、大阪の中ノ島中央公会堂で『サーフィン映画会』といったイベントがありガラム(インドネシアのタバコ)の匂いが充満する中、そして奇声が飛び交う中で波乗りの映像を見ながら大騒ぎをしてたのを思い出します

中之島公会堂 「サーフィン映画会」が開かれていました 

そんな波乗り漬けの生活の中で、階段や坂道があれば波のスロープを妄想し、ガードレールや電柱なんかは波のリップ想像してイメトレをしていました

始めたのが少し遅めの20歳の頃だったので、その時は毎週が楽しくて、ただ年齢を考えると30歳まで続けてたら凄いなって仲間で言ってたのですが、まさか30年以上も続けてるとは夢にも思いませんでした

Posted by いっちゃん