丸井プロサーフィン世界選手権大会のビデオの思い出

2021年1月11日波乗りプロサーフィン,世界選手権,丸井プロ

丸井プロサーフィン オープニング

このタイトルを聞いてピンとくる方は少しベテランのサーファーかなと思います。丸井プロと言えば一時期、部原や新島、ハワイのパイプラインマスターズ等のASP(現WSL)の大会をマルイグループが主催されていて、皆は丸井プロって呼んでました

世界大会を開催されていたので丸井の名前は良く知っていたのですが、関西には余り馴染みは無く(私はサーフィン大会の主催者程度しか知りませんでした)
関東の大きいサーフショップかスポーツ店かと本気で思ってましたが、それにしては大会中継の間のCMがドラマ仕立てで凝ってるなあ~って思ってました

大阪の難波にマルイが出来た時に一度行ったことがあるのですが、オッサンは浮きまくりで、サーフィン系の物は殆ど扱っていませんでした(何で~)

私は関西在住なので丸井プロサーフィン世界選手権大会のオンエアーは無く、結果だけは雑誌で毎回確認してました

実際の映像は関東地区に住んでいる会社の同僚に頼んで毎回丸井の大会がオンエアーされるとビデオで録画して送って貰って観てました

毎回届くのが楽しみで、届けばずっと同じ大会なのに何度も何度も巻き戻して観てました。流石に世界レベルのサーフィンは何度観ても飽きませんし
そのうちBGMは覚えるし、ナレーションも解説まで記憶してました。記憶と言っても勝手に頭にインプットされただけですが 日本人選手も健闘してましたが、その当時はまだまだ優勝するにはレベルが違う印象でしたが、日本人選手の登場するシーンも何度も何度も 観ました

福田義明プロ



特に関西出身の福田選手等が出場する部分は必死に観てました。世界の選手と戦ってるところが格好良かったな~






その当時、大阪難波のゲームセンターの2階にリノスポーツというサーフショップがあり、難波で飲んだ後、友人とフラッっと立ち寄り飲んだ勢いでサーフボードを 購入したことがあります

それ以来難波に行ってはリノスポーツによく遊びに行ってました、ここの店員さんたちが本当にフレンドリーで親しくさせて貰ってたのですが、ASP(丸井プロ)のビデオを私が持っている話になって、持っているなら是非見せて欲しいということでダビングしてあげたことがありました

当時ビデオテープをダビングする手段が無く、仕事が終わってから家の重たいビデオデッキを外して近くの先輩の家に持って行って繋がせて貰ってダビングしました

しかし先輩がダビング中に寝てしまって、間違ってデッキを蹴ってしまい途中で電源を落としたことがあり、慌てて電源を入れ直してダビングを続けたのですが、トム・キャロルのライディング中の数秒間だけ電源が切れていたのでその部分は映像が真っ黒になってしまいましたがそれでも構わないとのことでそのテープをプレゼントしました

トム・キャロル

それから数か月経ち、そんなこともすっかり忘れて友人と難波を歩いていると、リノスポーツの前にある巨大なマルチスクリーンに丸井プロが映し出されていて

横に歩いていた友人にこのビデオって私がお店にプレゼントした物やでって自慢してたのですが、丁度問題のトム・キャロルの競技前だったので友人にこの後、先輩がビデオデッキの電源を切ってしまったので数秒間真っ黒になってしまってる事を伝えて、立ち止まって見守っていると

戎橋筋商店街にある巨大マルチスクリーンの画面が一斉に真っ黒になり、そして数秒後トム・キャロルの後半のライディングが現れました

戎橋筋商店街





たまたま歩いていた人は何事があったのかと思うでしょうか、私と友人は顔を合わせて大笑いした懐かしい思い出があります



マルチ・スクリーン(イメージ)

リノスポーツの店員さんは皆さんどうされてるんでしょうかね~
その時は大変お世話になりました

Posted by いっちゃん