アルミボートの掃除&研磨

2019年12月10日ボート関連アルミボート,掃除,研磨

君ヶ野ダムにて

アルミボートのデッキが完成して間もない頃、探していたバスボートが見つかり折角デッキを作りましたが、アルミボートを売却することになり

デッキには新品のカーペットが敷いてあるがボディ自体は少し汚れていてどうせ売るなら綺麗にして少しでも高値にした方が得策だという事でアルミボートを掃除やメンテナンスを行い綺麗にすることにしました

綺麗にする前に浸水は全く無かったのですが、安全確保の為、船底を上にして船底に傷や凹み、汚れが無いか確認すると何故か船底にシリコンが付着していて”まさかっ”前オーナーが船底にあった穴を塞いだ痕跡では無いか疑いましたが

(前オーナーは本当に良い人だったので疑って申し訳御座いません)何故かシリコンが付いているだけでした

念の為シリコンを取り除きましたが、傷一つもなくひと安心しました

一応船底全て確認しましたが破損等はありませんでした、次に船内側も確認しましたが以前付けていた魚群探知機のトランスデューサーの設置後にシリコンが付着していたのでこれも取り綺麗いにしました

またビルジポンプの固定していた箇所もグラグラだったのできっちりと止めなおしてチェック及び整備は完了しました。

試運転のみので使ったことがない・ビルジポンプ

そこでふっと思いおこすと、このビルジポンプは元々購入時は無かったのでしたが、浸水や大雨の時に安全確保のために取り付けましたが、結局実釣では一度も使うことなく、試運転のみでした(まあ使うことがない方が良い装置ですかね)

それ以外は砂や、ルアーの破片などがあったので掃除機で綺麗にし、あとは船体外側の水垢を落とすのみとなりました

施工後の船体(少しピカピカ)

船体はアルミ用の研磨剤を使用し、ランダムサンダーにバフを付けて船体外側を丁寧に磨いて水垢を落としました

ランダムサンダー
柔らかいのバフで磨きました(イメージです)
アルミ研磨剤
(パッケージが変わりましたが3Mの
研磨剤を使用しました)

新品のようにはなりませんが、結構綺麗に仕上がりました。アルミボート磨く人も少ない気がしますが綺麗にした甲斐あってか、購入時より高値で売却出来ました(何かのご参考になれば幸いです)

Posted by いっちゃん