ボートトレーラーにカーペットを貼る

2020年4月12日ボート関連カーペット,トレーラー

ボートトレーラーにカーペットを貼るとはどういう事か理解しがたいと思いますが、ご説明しますとランチング時にトレーラーに突っ込んでも大丈夫な様に、トレーラーのタイヤハウスにカーペットを貼ることです

トレーラー・イメージ

マリーナが琵琶湖の北側に位置するのですが、北湖側は風が吹くとよく荒れます。そこでランチングを行う時に風を意識しながらトレーラーに近づいてはいるのですが、不意に強風が吹いたり流れがあったりしてたまに斜めに歪んだ状態でトレーラーに突っ込んでしまうことがあります

今まではそれでも特に問題無くトレーラーに載せられてたのですが、一度凄く角度が付いたままバックすれば良かったのですがそのままトレーラーに突っ込んでしまい、トレーラーのタイヤハウスとボートのハルが当たってしまい、ハルに傷が付いてからこれはいつかまた同じ事をするなっと思ったので何か対策が必要と思いました

カーペットのイメージ


そこで他のトレーラーを見ていると、タイヤハウスのボード側にカーペットが巻いてあるのが何艇かありました



カーペット貼る前のイメージ


タイヤハウスにそのままカーペットは貼れないので、タイヤハウスのひと回り大きいベニヤ板をホームセンターで購入しその板にカーペットを巻いて、タイヤハウスに固定すればトレーラーに突っ込んでも船体に傷が付けないと思い実行に移しました





使用するカーペットを調査していると、バスボートのデッキに貼る様な少し足の長いカーペットが使われているようなのでホームセンターで探すのはやめて、ボート専門店のポパイで聞くことにしました

トレーラーのタイヤハウスのひと回り大きくしたべニア板にカーペットを貼る

トレーラーにカーペットを貼りたいと相談すると、トレーラーにそんな新しいカーペットは勿体ないので張り替えて剥がしたばかりのデッキのカーペットがあるが良かったら使いますかという神様の様なご提案を頂き、二つ返事で頂戴致しました(今はもう無くなりましたが京都ポパイ店様、有難う御座います)

そしてべニア板にボンドで頂いたカーペットを貼り、べニア板ごとトレーラーのタイヤハウスにビスで留めました

カーペット 施工前(タイヤハウスが剥きだし)
カーペット施工後

この改良をしてからランチングのプレッシャーから解放されたのでもっと早くすれば良かったと思います

Posted by いっちゃん