リーシュコード関連サーフィン必需品,リーシュコード

リーシュロック(重要なアイテムです)

リーシュロック(またはリーシュロープ) これはサーフボードとリーシュコード結ぶ細い紐です。これも非常に大事なパーツでこれが切れるということはリーシュコードが切れるのと同じことで周囲に危険を及ぼすので劣化等が無いか日々のメンテナンスは必ず行って下さい

これはダメな付け方(要注意)
長すぎてテールが損傷する可能性あり

またリーシュロックの長さは充分に注意しないと長すぎたりするとフィッシュ系のボードですとテールのセンターにがっつり紐が食い込んだりします

リーシュロック(輪っか)の端をカップリングの棒に巻き付けて使用する時に棒を潜らせて更にリーシュロックの中を通して使用する場合は結構な長さになる場合があるので、その長さがテール部分に掛かるようであればテールを破壊する危険があるので、その時はリーシュロックをカップリングの棒に潜らせた状態で出来る両方の輪っかにリーシュコードを通せば短くなり問題無くなります

これくらいで大丈夫です
両方の輪っかに通して使用する

リーシュロックがテールやレール部分に直接当たらない様にするのがキモです。リーシュロープの結び目も出来る限りリング付近に纏めましょう。デッキの凹みの原因になりますので

リーシュコード関連おススメ,リーシュコード

昔、リーシュコードのことをパワーコードって言ってました。その頃はそんなに種類も多く無く、オーシャン&アース、10feetコード、BALIN等が 有名だった気がします(記憶が曖昧ですみません)

この3つは全て使いましたが昔のリーシュコードはスイベル部分があまり良くないので、良く絡みました。なので波待ちの時はたまに肩にリーシュを掛けて絡まないようにしていた記憶があります。最近は見ない光景なのでこの絵が浮かぶ人はかなりのベテランサーファーかな

その時代にお気に入りだったのは、10feetコードでした。長さの事では無く確かブランド名が10feetコードだったと思います(画像が見つけられませんでした)

このリーシュをショップでは見かけなくなったので、随分前ですがメーカーを探して直接メーカーから購入したことがありました

バックルで折り返すイメージ

このリーシュは足首を止める部分が通常の両サイドからマジックテープで止めるのではなく、一度バックルを通して止めるタイプ(防水ベルトの様な仕様)なので波待ちでも簡単に締め直したり、増し締めしたり出来ました逆に海から上がる時に少し外すのが面倒でした。このリーシュをショップでは見かけなくなったので、随分前ですがメーカーを探して直接メーカーから購入したことがありました

それから数年して全く見なくなりましたが、このコードをもう一度発売して欲しいなあ~何か問題でもあったのかな~

タングステンの重り付

今はタングステンの重り付のリーシュXMを使ってます。重りのお陰で肩に掛けなくても、海中へ沈んでくれます

テイクオフの大事な時に指に絡んだり、前足に絡んだりするとその波を台無しにしてしまうので結構重要です。絶対絡まないことは無いですが、殆ど絡まないのと、購入時通常はリーシュは小さい楕円にして売っているので購入時は癖が付いていてとくに在庫期間の長い商品にあたると中々癖が取れません、お湯に浸けたりしないといけません

XM リーシュ

しかしXMは大きく丸くして販売しているので 癖が全く付いていません、これだけでもサーファーに優しいです。最近はこれしか使ってないです、おススメです

また私はリーシュに癖が付くのが嫌なので家で保管するときは天井付近から真っすぐ吊るしてます。