伊勢への波乗り道中の今と昔

2021年1月11日波乗りサーフィン,伊勢

関西方面から伊勢志摩方面へ波乗りに向かう道中は道路の進歩というか、道路の整備状況は目を見張るものがあります

第二伊勢道路のお蔭でさらに快適になりました

私が通い始めた頃は伊勢自動車道は久居ICまでしか開通しておらず、そこから国道23号線(当時片側1車線)へ出てひたすら志摩方面を目指しました。と言っても私は大阪から国道163号線を通って伊賀上野を通過し、下道を走って久居市を抜け国道23号線に合流していました

当時、伊勢自動車道は久居で終点でした

当時国道23号線は狭い国道(片側1車線)なので行楽シーズンは、今では想像出来ないですが恐ろしい大渋滞になります。なのでいつも夜中に移動していました。国道23号線を伊勢神宮付近で右折して伊勢道路を経由して志摩方面へ向かっていたのですが、この伊勢道路は当時有料道路で数百円徴収されていました

この辺りに料金所がありました

しかし、夜中になると(時間は忘れましたが)料金所が締まり無料になるのでその時間に通過出来る様に調整していたように思います(セコ~イ)。この料金所をしっている人はかなりベテランサーファーですね。またこの伊勢道路は急カーブも多く、坂道も多いので事故が多かったです

この坂道で事故を頻繁に見ましたので要注意です

志摩方面へ向かって下り側で事故が特に多く今は私は通らないですが頻繁に事故を見かけました。
また、伊勢神宮側からトンネル(途中一か所トンネルがあります)までのカーブの多い道でひとたび事故が起きてしまうと車は一切動きません

これも何度か経験があるのですが、回避ルートが全くないので警察車両や救急車も中々通れないので大きめの事故が起きて停まってしまうと数時間単位で動かなくなります。この道は今でも状況は同じかと思います。

この道で一旦事故が発生すると全く動きません

最近、伊勢神宮への参拝される方が多いのか、伊勢神宮付近を通過するのに時間を要するのと、この伊勢道路を運転すると疲れるので今は二見方面を抜けて無料の第二伊勢道路を使って通っているので快適です

2010年頃、民主党が政権をスタートさせた頃の短い間でしたが、一時高速道路の無料化実験が実施され、私が海へ行くのに使いたかった伊勢自動車道、京都縦貫道路、舞鶴若狭自動車道が全て無料だった夢の様な期間があり、行きも帰りも存分にお世話になりました。無料化になった時から内心こんな良い思いは続かないだろうとは思っていましたがやはり直ぐに有料に戻りました。あの時は伊勢も日本海も近かく感じたのにな~

【余談】伊賀上野から青山街道に抜ける道中に比土駅というとてもこじんまりとした可愛い駅がありました。ある快晴の日この駅を通過した時に突然この駅を写真に撮りたい衝動に駆られて、急遽車を止めて撮影したことがありました

在りし日の比土駅 趣きがあります

写真はとても気にいっていたのですが、なんとそれから少し経った時に駅が突然なくなっていました。今でも通る度に思い出すのですが、撮っといて良かったなあ~&残しておいて欲しかった~

Posted by いっちゃん