サーフトリップ・宮崎②(民宿のおかず)

2021年9月3日サーフトリップサーフトリップ,宮崎

ある民宿で夕食に地元でとれた魚料理が出てきたのですが(実は私は魚が嫌いなんですが海へ来ている時はしっかり綺麗に食べる様にしています)結構な量で、さすが海の近くだということなんですが私にはかなり辛い状況で友人にも手伝って貰い全て食べてその日は就寝しました

魚料理(イメージ)

翌日もまた当然魚料理なのですが、何故か私のお皿には魚の頭(正確には半分に切った魚の前身のみ)だけが載ってました。友人のを見てみると尾っぽ側だけがお皿に載ってました。当然昨日と今日の宿泊料に違いも無く、前日に魚を残した訳ではないので昨日私が友人にあげるところを見られたのかなと思いましたが友人の分も少ないし、前日は3匹くらいあったのが今日は半身と言うのも流石に気になったので聞いてみました

翌日おかず(イメージ)

『すみません。何故今日は魚が半分しかないのですか』って女将さんに聞いてみました。すると突然厨房のガラス窓が開いて店主が言いました『今日は釣れんかったんや』しかも少し怖い顔で言い放ったのです。いやいや此方としては、”知らんがな”の心境で唖然としているとその代わり食後にザボンを剥いてあげるってことを女将さんが言ってくれました

ザボンよりオカズが欲しかったのですが。。。。そのザボンって言うのが(私は良く知らなかったのですが)大人の頭くらいの大きさのみかんの様なもので、それを一口サイズに切ると恐ろしい量になるのでした

ザボン(イメージ)

結局、好意で貰ったもなので断ることも出来ず、皆でやっと1個を食べ終えてお腹はパンパンでまさにはち切れそうだったときに、女将さんが『どう美味しかった?』って聞かれたので、美味しかったという回答とともにお腹が一杯になりましたって伝えてたのにも関わらず先輩の一人がわざわざ厨房に向かって本当に美味しかったですって言いに行ったので、少し嫌な予感がしたのですが、奥からもう一つ剥くから待っててよって、信じられないような声が聞こえて

小さい声で皆は先輩に向かって『一人で食えよ』『そら、そこまで言ったらそうなるやろ』ということで、我慢大会のような様相でさらに一個を食べました。それからザボンは食べた記憶はないです

Posted by いっちゃん