フロントデッキパッドのプチ再流行の兆しについて

2021年4月20日波乗りアイテムフロントデッキパッド

1980年代の初めの頃は、テールのデッキパッドもあまり見かけなかったと思います。しかしアストロデッキ等のデッキパッドが発売されて雑誌やお店で紹介される様になると、あっという間に広がりました

アストロデッキの宣伝(1987年)

サーフボードを購入すると同時にデッキパッドも購入し、新品の板に貼るのが一般的になり普及していきました

そして間もなくするとフロントデッキ用のパッドも流行し、当時ASP(現WSL)の一部の選手も使用していました
私もその時、貼ってたことがあるのですが夏場に裸で乗ると擦れて痛かったことを覚えています

しかし、何年かするとフロントデッキパッドは殆ど見なくなり、何故無くなったのか、その時はダサいからかなあ~とかあまり気にならなかったのですが


それから20数年後、どうしてもフロントパッドが欲しくなり色々調べてみると、当時のフロントパッドはウエットスーツには優しく無いみたいで、パッドとの摩擦でウエットスーツを痛めてしまうということがあり、見かけなくなったという記事を見ました

が、しかし数年前再び、フロントパッドが発売されるようになり、思い切って購入してみました
購入のきっかけはモールド系のボードに乗るとどうしてもWAXが直ぐに取れてしまい、宣伝でもPU以外のボードでフロントパッドが付いているボードをたまに見ますので一度試してみようと購入に踏切りました


FREAK デッキパッド


今では数社から発売されていますが、現在私は2社の製品を愛用しています、再度使う様になって9年程なりますが、ウエットスーツは全然大丈夫です

しかも胸やお腹にWAXが付かないので嬉しいです。ただ裸で乗るとやはり擦れます(私だけかな~)





余談ですがウエットスートへのダメージはデッキパッドより、クリアデッキの方があると思います、但しあると言っても破れたりはしませんので通常の使用で問題無しです
今はデッキパッドとクリアデッキを併用して完全にノーWAX仕様です

Posted by いっちゃん