波乗りはじまり,波乗り

波乗りを初めたきっかけは今から数十年程前の二十歳の頃、たまたまテレビで見ていた映画『ビッグウエンズデイ』に完全に憧れてしまい、波乗りをしている友人にお願いして海へ連れて行って欲しいと頼んのがはじまりでした

『ビッグウエンズデイ』は今でも見ると元気になるので僕の中ではベスト1の映画です

『ビッグウエンズデー』大好きな映画です

そして友人に連れていって貰ったのですが、その日は全く波が無くて海にも入らず悔しい思いで帰ってきたのでした。当時は波情報なんてそんなに普及して無かったように思います(よく平らな海面を見て帰って来た記憶があります)

波が無いと波乗りは出来ない(当たり前か~)

そっか~海へ行けば波乗りが絶対出来るわけではないのか~

その後、私は道具から入るタイプなので直ぐにサーフボードとウェットスーツを買いに行き再び波乗りに向かうのでした

ただ波乗りに行くことを会社で言っていたら、先輩が昔やったことがあるので俺も連れて行って欲しいということで一緒に行くことになったのですが、到着して早速着替えてたら先輩のウェットスーツ姿に違和感を覚え『先輩、何かウェットスーツ逆に着ていませんか』って伝えました

というのもサーフィン用のウェットスーツはファスナーがサーフボードに擦れることを避ける為か背中に装備されているのですが、先輩はファスナーを思いっきり前で締めていたのが見えたので指摘しました

『あっそうか逆かっ!!』ってかなり焦っていたので、きっと先輩は未経験なんだと悟りました。そして再び着替えた先輩はまたチャックを前で締めているではないですか

今度はかなり締め難そうにしているので確認してみると先輩は逆という言葉を後ろ前ではなくて裏返しと勘違いしているみたいで、なんとウェットスーツを裏返して着ていたみたいです(嘘みたいな話ですが実話なんです)この先輩は間違いなく初めてなんでしょうね。。。。

そんなゴタゴタの中、初めて波乗りを経験しましたが映画とはほど遠く、こんな過酷なスポーツが他にあるのかと思えるほど徹底的に凹まされました

先ずパドリングで腹ばいになって真っ直ぐ漕ぐ事が出来ないので、当然沖にも出れないので波に乗ることなんて到底出来ない

経験者の友達を見てると普通に波に乗っているが、こっちは沖にも行けないし波も怖いし、来る波来る波を板を抱えて飛び越えているのが精一杯で波が来れば垂直飛びの連続

また腹ばいになってパドリングをしてみるが、乗ってはひっくり返るの繰り返しでさっぱり楽しくない。で先輩を見ていると沖に行くことも既に諦めて浜近くでパドリングの練習をしているみたいでした(笑)

波待ちの楽しいひととき (PHOTO by NALU)

この時にこれからの人生が決まってしまったのかも知れません。沖で楽しいそうに笑っている人達と手前で泣きそうな顔をしている人が混在するとんでもないスポーツに心を鷲掴みにされてしまいました。その時に沖で笑っている人たち側に必ずなると心に誓ってしまいました

波乗り波乗り

波乗りは楽しい

平日は仕事で海へ行けないので出来る限り週末は用事を作らず、また一人で行くと金銭的にも厳しいので仲間を集って週末仕事が終われば車で皆を拾いながら海へ通う生活が始まりました

週末は沢山の仲間と海へ(イメージ)

早朝から夕暮れまでみっちり練習しましたが、当時情報も少なくこれだけ頑張れば直ぐに上手くなると思ってたのですが、3ヶ月経ち、半年経ち、1年近く経つのですが全然上手く成りません。しかも夏休みや連休があればずっと波乗りをしていたのにも関わらず、びっくりするほど上達しませんでした(センスが無いんですね)

ただ、毎週末が楽しく海にも慣れて乗るには乗れるけど何も出来ない状態が結構続きました

そして1年半位経った時にその時は突然やって来ました。イメージを持って何度も何度も滑っていたにも関わらず全然ターンが出来ずに曲がれなかったのですが突然曲がりだしたのです

ターンが出来れば波乗りはメチャクチャ楽しい

一度曲がれてもまた曲がれなくなるのが怖いので復習を兼ねて直ぐに乗ったのですが何度乗っても曲がれるのです。不思議な物でこの曲がれるようになってからは次の目標を設けては練習し、出来るようになれば次の目標って感じでスノボやスキーのようにどんどん上手くなることは無いですが、1年より2年、2年より3年という感じでほんの少しずつ上達する様な奥が深~い感じでした。(私の運度神経が悪いだけかもしれませんが)

この頃は、波乗りをしに行くという感じでは無くて波乗りを続けれる為に一旦都会へ帰って働き、週末に海へ戻って来るよな感じで完全に波乗り中心で物事を判断していました