不思議な話について

2021年9月29日不思議な話不思議な話

普通に生活していても不思議な経験をしたことが皆さんもあると思います。私も今までに経験した不思議な話を備忘録として記録しようと思います。霊感などは全くないのですが私自身でも気になっている不思議な話が結構ありますのでご紹介出来ればと思います。全て私が本当に経験した実話を紹介致します

この話は私が小学生の時の話ですが、今でも実家へ帰って話をしていると話題に上る不思議な体験です

祖母(私が生まれる前に他界)が趣味で日本人形を沢山作っていたので母が嫁入りするときにケースに入った人形を沢山頂いたそうです。大きなガラスケースには10体以上入っていたと思います。幼い私は着物を着ている人形がとても怖くて不気味に見えましたが母にしてみれば祖母の形見でもあるので大切にしていました

日本人形(こんなイメージでした)

私が物心ついたときから人形の髪の毛がボサボサで明らかに母が嫁入りした時に撮った写真と比べると髪が伸びているのでした。その頃テレビでは心霊番組で日本人形の髪の毛が伸びると話題になっていましたが、私は母よりこの人形は人毛を使っているので伸びて当たり前だと聞いていたのでそのことについてはあまり不思議に思わなかったのですが、あまりにも伸びすぎていて(腰の下辺りまで)ボサボサを通り越していて全体が不気味に見えていました

そんなある日、実家を改築することになって母親も人形の手入れが出来なくてこのまま髪の毛がボサボサの人形を飾っておくのもどうかと思ったのでしょうか、供養してもらって処分することになりました。祖母からの大切な贈り物なので実家近くのお寺で行われる人形供養の日に持っていって供養をして引き取って貰うことになりました。しかし当日母が人形を運ぶ為にケースから箱へ詰め替えていると突然雨が降り出し、大きな箱を抱えて雨の中を運ぶのは無理ということで断念したそうです

人形供養の様子(イメージ)

そして翌年、朝から良い天気だったのでまた母親が箱に移していると先程までの天気が嘘の様に大雨になってその年も見送ったそうです。流石に2年続くと気持ち悪いので母から来年は事前に箱に詰めておくので、私に自転車で一気に運んでくれないかという話がありました

それから1年経って人形供養の日、今日は朝から快晴で雨が降る気配も全くない日でした。事前に私は友達にも頼んでおいて2台の自転車でそれぞれ段ボールを荷台に積んで一気にお寺さんへ運ぶことにしました。自宅からお寺さんまでは数百メートルの距離なので直ぐに到着しました。そして事前に事情を説明していた友人と今日は雨は全然大丈夫やなと言いながら、人形を下ろしていると今でも信じがたいのですがあれだけの快晴だったにも関わらず曇りはじめているのでした

そして全部の人形を収めて供養が始まると既に大雨になっていて、私と友人は土砂降りのなかズブ濡れになって家に帰ってきました。そんなに寒い日ではなかったのですが気持ち悪いしドキドキしたこともあってガクガク震えたのを覚えています

それ以来特に何も起こっていませんが、人形には魂が宿ると言われていますが私はそういうこともあるのだと思います

Posted by いっちゃん