ヒッチメンバーの取付について

2019年12月10日ボート関連ヒッチメンバー,取付

ヒッチメンバー&トレーラー

アルミボートを購入し、琵琶湖のマリーナでトレーラーごと保管してもらい、休日になれば降ろして貰って琵琶湖で バス釣りを楽しんでいたのですが、折角トレーラー(しかもナンバー取得済)もあるので、それなら何処か琵琶湖以外にも車でけん引してバス釣りに行ってみたいなあと思うようになり、それにはヒッチメンバー(けん引装置)を付けないといけないようなのでネットで調べました

市販のヒッチメンバー

車はハイラックスサーフなのでけん引しても問題無さそうだ、調べて見ると意外と色んな車種でも取付可能でした また色んなメーカーから売りに出ているのでどんなのが良いのかリサーチを行いました

ヒッチメンバー購入&取付前準備

今まで気にして見たことがなかったので相場が全然判らなかったのですが、新品は結構な値段で、そんな頻繁に使うわけでもないのに高価なのはちょっと辛い

しかしヒッチメンバーは基本的に車にずっと付けたままなので流石に錆びだらけではみっともないので悩ましいところだ

ヒッチメンバーは基本付けっ放し

長い期間、ヤフオクを日々チェックしていたところ、中古で少しパイプ内部に錆びはあるが見た目は綺麗な物が破格値で出品されているのを見つけました

購入時のヒッチ(イメージ)

なんと2千円ほどで、配線も全て付属してある様なので早速落札しました
品物を確認すると、外側は比較的綺麗な状態で安心しましたが、パイプの中が若干錆びていたので、パイプの中と言っても多少外から見える箇所なのでヤスリと金属ブラシで錆びを落とし再塗装して、全体にクリアーを吹けば、ピカピカになったので早速装着することにしました

ヒッチメンバー取付準備

当時の愛車ハイラックスサーフでヒッチメンバー側のフレームと車のフレームを合わせてみると丁度使えそうな穴を発見

フックを外せば使える穴発見(イメージ)

また今はフックのようなけん引用部品が付いているが、外せばヒッチメンバーの取付に使えそうな穴とボルトを見付けました

しかしヒッチメンバーを取り付けるためには、何本かボルトが足らないので車に付いていたボルトを持ってホームセンターへ行ったのですが、 車のボルトとホームセンターにあるボルトとネジ山がどれとも全く合わないのでした(ショック!!)

ホームセンターを数件廻り、どのホームセンターにもボルトは大量に置いてあるが、どれにも合わないのでした ホームセンター帰りにいつも相談している車屋さんがあるので話を聞いてみると、車用の丈夫なボルトとナットなのでその辺のホームセンターには無いとのことでした

その車屋さんでも探して貰ったのですがまだ数本足らないので、日本橋にある有名なネジ専門店(ネジのナニワさん)を紹介して貰いました

お世話になったネジのナニワさん

ネジ専門店の店員さんに相談したらボルトを見ただけで直ぐに理解して頂き、あっさり見つかりました(ネジ山の規格なんてそんなに種類があるって知りませんでした。エレキ乗せ換えの時にも特殊なネジで悩みましたが、そのネジ屋さんに再びお世話になりました)

ヒッチメンバー取付

材料が揃ったところで車に取付なんですが、私は一人でやってしまったので本当に大変な思い出しかなく、車売却の時も綺麗に使っていたのでヒッチメンバーを外して売ろうとしましたが、取り付け時の嫌な思い出がよみがえりやめました

先ず、車の下に潜るので段ボールを敷きつめて、身体を車体の下に潜った状態でヒッチメンバーを持ち上げてボルトを留めていきます

車の下に潜って肩とか頭を使ってヒッチメンバーを支えながらボルトを回すのですが、ヒッチメンバーが恐ろしく重たくピクピクしながら取付ました、特に技術も不要で体力だけでしたが本当に疲れました(複数名でやるべきでした)

取付が意外と大変だった・ヒッチメンバー

本体を取り付けると後は配線ですが、テールランプを外し、車のバンパー付近やテールランプへ向かっている線を引っ張りだしてテスターで試しながら結線すればすんなり出来ます

配線図

完全に結線してしまうと色が間違っている場合、ウインカーが逆に点いたりすることがたまにあるらしいので一通り確認してから仕上げをした方が良いそうです(マリーナの方が言われてました。普通そうしますよね)

ヒッチメンバー取付後の注意点①

ヒッチメンバーにはけん引する時にヒッチマウントにヒッチボールと呼ばれる銀色のボール状の物を突き立ててトレーラー側の受け皿の様なものを被せて引っ張るのですが、ボールには摩擦が加わるのでボール自体にグリースを塗ります。街中でボールむき出しの車をたまに見ますが、グリースを塗ってる場合はズボンとか擦ると一大事です。グリースまみれになります

普段は危険でもあるので、ヒッチボールは外すか、ヒッチボールカバーはするようにしましょう

マウントを外している時は、
こんなカバーを付けてました

ヒッチメンバー取付後の注意点②

ヒッチメンバーとヒッチボールのマウントや、ヒッチボールとトレーラーのカプラーといった結合部分は金具で留めているだけなのですがヒッチボールや最悪トレーラーも盗難される心配があります

マウントの盗難防止
カプラーの盗難防止

そこで万が一の盗難を防止するために、ヒッチメンバーにマウントを固定する時や、カプラーには絶対ロック付をお勧めします そんなに高価では無いのでつける様にしましょう

Posted by いっちゃん