サーフトリップサーフトリップ,四国

明石大橋(今は橋のお蔭でとっても便利になりました)

今では本州~淡路島、淡路島~四国とのそれぞれ連絡橋があり、しかも高速道路で通行できるのですが、当時は連絡橋も高速も無かったので両方ともフェリーに乗って渡るので大変でしたが海が今よりは空いていました

明石フェリー 
こんな模様だったかな~

私が高校1年の時(今から数十年以上前)に友人の実家があったので生見というところに連れてって貰って当時一件だけあったサーフショップでサーフボードを借りて、確か6人でボード1枚を借りたのであまり乗った記憶がないですが

生見海岸

薄っすらと覚えている内容は夏休みにも関わらず波乗りをしていたのは10人くらいだったと思います。今では考えられないですね。(しかも立って滑っている人もすくなかった様に思います)

当時のリーシュコード(ボードと体を繋いでるロープ)は、自転車の荷台の荷物をくくるゴム紐でした。それから6年程してから、本格的に波乗りを覚えて四国へも頻繁に通うようになり、この地でも色々とありました

連休があれば四国へ泊まりで来ていました。先ほどもお伝えしましたが当時は2回フェリーを乗り継いで通ったのでフェリーで思いだすのは、連休があると必ず安いフェリー会社(距離が短いところ)から予約が一杯になり、乗るまでに数時間待ちになります

そうなると再び明石方面から徐々に神戸方面へ戻りながら少し運賃が高くなるが直ぐに乗れるフェリー会社を探しながら走り、最悪甲子園辺りまで行ってフェリーに乗りました

ただ、その分長く船に乗るのでゆっくり寝れるのですが、ある時、淡路島に到着してもなかなか前の車が動き出さないので我々の車が出れないでいると、それを見ていた船員の方がたまりかねて前の車の窓を叩いてくれました

しかしそれからが大変で、その運転手さんは熟睡していたようで、不意に窓を叩かれたものだから慌ててエンジンを掛けて、そこまでは良かったのですが、急にアクセルを踏んでそのままフェリー内の柵に激突してしまいました

船内のイメージ

なにかコントを見てるようでしたが、ぶつかったので船員が慌てて大丈夫かって話しかけに言ったら今度は車をバックをさせて、方向転換して大慌てでスロープを出て行かれました

船員さんもびっくりした見たいですが、他の船員さんも我々も併せて朝っぱらから大笑いをしたのを覚えています(大事故にならなくて良かった)

サーフトリップサーフトリップ,フェリー,四国

フェリーでの思い出

そしてフェリーと言えば、これも忘れ難い思い出なんですが、海へ行って帰って来るのが真夜中になるので、その時間から精算すると眠たくて面倒なので事前に皆からお金を集めて、一つの財布にまとめておくのですが、その時は私が担当で財布を管理していました

フェリーの支払いが終わり、船内に乗り込む時に財布を持ち歩いてなくすと困るので、普段なら入れないのですが車のダッシュボードに入れていました

普段ならダッシュボードには入れてないのですが。。。

そしてフェリーから降りる時になって普段ならカバンの中にあるはずの共同の財布が無いって大騒ぎになって(馬鹿ですね~)一旦車をフェリーから降ろしたものの、この時間はフェリーも直ぐには折り返さないと船員さんが言われたので、二手に分れ、車とフェリーの両方を探すことになりました

私はフェリーに戻って、自分が座ってた椅子辺りの場所を探させて貰おうとお願いしました。すると船員の方が『どんなやつや?』って聞くので 『黒いやつです』って答えると、船員さんが『一緒に居てたのにおらんようになったんか』ってまた聞くので、一緒に居てたのにって面白い聞き方するなって 思いながら、『そうやねんけど、ないねん』って言ったら、『時間はあるからゆっくり探したり』って奇妙な言い回しをしてきました

フェリーターミナル

そうこうしながら友人と探してたのですが、船員の方も探してくれてるって言ったので船員の方を見てたら、なんかまるで人を探してる感じでその光景を友人に伝えたら

船内のイメージ

ひょっとしてさっきのやり取り聞いてたら、俺ら友達を見失ったって思われてるの違うかって言い出して。わし等そんな間抜けに見えるんかなってニヤついてました

その時港に停めてた車の方から『あったで~』って友人の声がしたから、船員さんに『ありました、お騒がせしてすみませんでした』って言ったら 『良かったな、ちゃんと連れて行きや』って言われて。笑いを堪えていたのが一気に爆発しました

ただ、最後まで船員の方は友達が居なくなったって思ったままでした、いかに私達が大馬鹿に見えてたんでしょうね~多分。友達見失うって。。。。。