ボート関連アルミボート,ボート関連

アルミボートに乗っていた頃のお話です。
ヤマハの船外機を9.9馬力から15馬力へアップしたことがあるので、そのやり方について説明したいと思います。アルミボートを9.9馬力の船外機で乗っていて風の無い日なんかは、広い琵琶湖ではもう少し早くならないかなと思う時があり、見た目は15馬力の船外機と全く同じなので何処か部品を交換すればパワーアップに繋がるのではないかと以前から思っていました

ヤマハ VMAX9.9馬力⇒15馬力へ

そんな時ヤフオクで15馬力のリードバルブという部品が売られていて、9.9馬力の船外機にも取付可能と書いてあったので出品者の方に問い合わせてみると業者関係の人で、その部品を交換すれば15馬力になるか確認すると9.9馬力と15馬力両方のパーツマニュアルを見比べるとリードバルブの一点だけ違うらしいので交換すれば15馬力になると伺い購入しました(その他は全く同じなのでその部品を交換すれば15馬力になる予定)

リードバルブを交換し(そんなに難しくなく交換するだけの作業)それとアクセルの開閉にリミッター制限(ネジでアクセルが回り過ぎないようになっている)が掛けられていたのを解除した記憶があります。それで15馬力になり、9.9馬力からすると150%のパワーアップになります

リードバルブ

交換し早速操縦してみると明らかにパワフルになり移動が速くなりました(えっこんな簡単にパワーアップするの)

そうなるともっとマッチした(スピードの出る)プロペラがあるのでは無いかという事で、そのままでも充分だったのですが、一人で乗っても友人と二人で乗っても性能が発揮できる良いプロペラが無いかマリーナのスタッフにも色々試させてもらいましたが、なかなかマッチしたプロペラが見付からず(スピードは出るが立ち上がりが悪いとか、立ち上がりは早いがスピードが伸びないとか、素人が厄介な領域に踏み込んでしまった様な感じ)

そこでプロペラの販売店で聞いてみたところアルミの4枚プロペラが断然早いということを教えて頂き早速購入し、試してみたところ何故か私には判らないのですが本当にスピード&パワーに優れてました(ピッチは10でした)そのプロペラに交換したらオールマイティにマッチしました。理屈は全く分からないですがこの時はスッキリしました~

アルミ 4枚ペラ(イメージ)

たかが15馬力に付けるプロペラですが、プロペラだけでこんなフィーリングが変わるものかと感心致しました

上記の様な改造、修理、取替を行った場合は、必要に応じて随時の船舶検査の受検が可能なので臨時検査を受検してください。ただし臨時検査を受けようとする時期が定期検査または中間検査の受検時期と重なる場合には、その定期検査または中間検査において改造などに伴う検査も行いますので重ねて臨時検査を受ける必要はありません

ボート関連ボート関連

ボート免許は5年に一度更新が必要です

今年秋に免許の更新時期が来るのですが1年前から更新可能なのでお盆休みに更新することにしました。いつもお世話になっていたボート教室が廃校となり全て自身で更新手続きをしましたので備忘録に残すことにしました。ボート教室に依頼すると手数料も日数も掛かるので時間(少しだけ)がある人は簡単に免許更新が出来るので紹介致します

地域の講習会日程を探し、インターネットで申込みます

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会の(ホーム)(ご参考に)
https://www.jmra.or.jp/

◇更新講習のお申込み
https://www1.jmra.or.jp/apprenew/

上記URLより地域と開催日を検索し希望日時を指定し予約する(インターネットで申し込めば申込書等の作成は不要です) 

※講習日時の確認は操縦免許証(海技免状)の有効期限日の1年前(失効再交付講習を除く)から講習開催日の5営業日(注)前の日の12:00まで。(注)営業日:土曜、日曜、祝日、年末年始を除いた日

申込みが済めば指定日までにコンビニ、各種銀行で振込を行う

受講料(4,670円)を指定日までにコンビニや各種銀行にて振込を行います

【受講料】
 ・身体検査料  800円
 ・講習受講料 3,700円
 ・事務手数料  170円
 ◆合計◆   4,670円
 ※振込が完了すると登録したアドレスに支払い完了のメールが届きます

講習の受講(身体検査を含めて約1時間15分)

【講習の受講時に必要なもの】
  ①操縦免許証(海技免状)
  ②身体検査で必要なもの(眼鏡等)
  ③写真 縦4.5cm×横3.5cm 1枚

【講習受講前に身体検査があります】
身体検査は操縦に支障のある様な病気をしたか否かの口頭確認と視力検査だけでした。簡単な会話や呼ばれて返事が出来ることで操縦に問題無い事の確認もされているそうですが、実際の検査は視力検査だけで直ぐに終わります

【講習】
講習は約1時間でDVDによる講習約20分で残りは講師による講習が約40分でした。講習が終われば自身で運輸局にて免許更新手続きをする方のみ下記を講習会場で受け取ります(自身で用意する資料は無いです全て貰えます)
 ①身体検査証明書
 ②講習修了証明書
 ③操縦免許証更新申請書
 ④納付書(収入印紙貼付)
 ※更新は1350円の収入印紙が必要です(郵便局で購入可能です)

運輸局にて免許更新手続き

大阪天満橋で講習を受けたので谷町4丁目にある運輸局まで20分程度でした。講習が終わり直ぐに手続きに向かいました

講習会場から近畿運輸局

操縦免許証更新申請書は鉛筆で記入と書いてあり、納付書はボールペンと書いてましたが鉛筆は持参してなかったので運輸局にて全ての書類を記入しました(鉛筆や消しゴム、ボールペン、収入印紙用の水、写真を貼る糊まで全て揃ってました)
※大阪合同庁舎第4号 11階 海技資格課(受付:AM10:00~PM4:30、12時~13時を除く)

手続き方法です
この資料(操縦免許証更新申請書)は鉛筆で記入です
この資料(納付書)はボールペンで記入です(ややこしい)

書類のサンプルを見ながら記入し提出してから少し待っていると新しい免許が直ぐに出来ました。時間にして10分程度です。他の地域は解らないですが講習会の時間+移動を含め1時間(掛からない)程度もあれば免許の更新がその日に出来ましたので時間に少し余裕がある方はおススメです

※府庁に入る時に受付で住所や名前、行先等の記入が必要となり入館証を貰ってから入場となります。内容はチェックされませんので何を書いても良いのですが暑い中、全く意味の無い書類を書かされる行為が一番面倒でした(ただ運輸局の職員の方はとても親切でしたが受付が納得いきませんでした)

最後にインターネットで申込みされる方は下記を用意するだけです

インターネットで申込みされる方は下記を用意するだけで後は講習会で貰えます
①操縦免許証(海技免状)
②講習料(4670円:コンビニ、各種銀行で事前に振込)
③写真(2枚:講習用+新操縦免許証用)
④申請手数料(1,350円分の収入印紙)

ボート教室で更新する手間を考えると、自身で更新しても手間は殆ど変わりませんし手数料も掛からないので如何でしょうか。最近はボートにも乗っていないのですが折角1級免許を取ったのでこれからも更新しようと今は考えています。ご参考になれば幸いです