波乗りを始めるサーフィンを始める,サーフショップ

波乗りを始める方法としての基本的な3パターンをご紹介致します。
(何故かサーファーはサーフィンとは言わず波乗りって言う人が多いです。どうでもいいですが)

友人で波乗りをしている人を探して連れて行って貰う

1度のトライではなかか本質が分からないスポーツなので数回行くことを考えるとコスト面で一番安くつくのと、友人から商売抜きで道具の事など色々教われるのでおススメです。
私はこのパターンで初めました。友人(師匠)とは今でも一緒に海へ通っています。何かあっても友人なんでホント頼りになります。
ただ教えて貰うとなると簡単に説明はしてくれますが、友人や周りを観察しながら覚えるしかないかなと思います。友人も教えてくれますが、殆ど友人がやっている所を見て真似してました(最初はホント何も出来ませんでしたが)

サーフショップの体験スクールに入る

よく海でスクールを見ますが、やはり熟練者が教えているので基本や最低限のルールを覚えるには間違い無いと思います。道具も貸して貰うので買うより絶対安いし、最短で上手くなる(あくまで初期段階ですが)のでは無いでしょうか。ショップの方はお金を頂いて教えているので、私は経験ないですが個人の能力を見極めて適切にアドバイスを戴けるので上達の一番の近道かも知れませんね。ただ、波乗りはあくまで個人競技ですし、1~2回教わっただけでは絶対にマスター出来ないのでスクールの受講後からが本当のレッスンの始まりかと思います。

独学で始める

先程も書きましたが波乗りは基本的に個人競技なので結局は一人でマスターするしかないスポーツです。自然相手なので命に係わるスポーツでもあり、また色々なルールも存在しますので経験者に一度は連れて行って貰った方が良いかと思います。
どうしても独学でと思われる方は初心者用の本を熟読し、最初は周りに人が居てる(誰か助けを求めれる様に)小さい波で練習すれば何とかなるかと思います。怪我も多いスポーツなので小さい波で経験を積むしか無いと思います。  

最後に、波乗りは人生を変えてしまう一生の趣味である

『ビッグウエンズデー』

私が波乗りを始めたきっかけはテレビでやっていた『ビッグウェンズデー』という映画を見てやりたいと思い、友人にお願いして始めました。サーフィンをやったことがある人は沢山いらっしゃると思います。スクールに入ったり友人と海へ行ったなど、仕事先でもたまにサーフィンをやったことがあるという人に出会いますが、なかなか今も毎週通ってますと言う人には出会いません

何故なら、続けるとなると道具を揃えるのにそれなりのお金が掛かり、海まで行くための交通手段も必要で、余程の強い意志がないと途中で心が折れてしまいます。私は関西在住なので夏場は三重県や和歌山県、冬場は京都府や福井県に毎週通ってます。片道4時間程度は当たり前です。(経費節減の為、殆ど高速道路は使わないので)友人は片道5時間以上掛かるって言ってました。

それでも楽しくて毎週海まで通っています。皆さんも機会がありましたら是非一度チャレンジしてみては如何でしょうか。
但し、注意点は楽しすぎるため、一度ハマってしまうと抜け出せないところでしょうか。                                            皆さん、本当に楽しいスポーツですがルールだけは守りましょう。       

波乗りサーフショップ

先日見ていた1985年の月刊TAKEOFF(関西のサーフィン雑誌)の付録にサーフショップの紹介があったので大変懐かしくその当時私が通ったサーフショップをご紹介させて下さい

【ブルーサーフ(上本町店)】旧ナチュラルアート

懐かしい画像です

此処は何度も通っていて私が通っていた頃より今は店舗も大きくなったと思います。 最初に訪れた時の店名はナチュラルアートというお名前で、そのTシャツ持ってました(笑)確かそのTシャツにはsince1978だったか(年はすみません自信ないです)って書かれてた様な記憶があります。元JPSA会長の腰添健さんのお店で板のリペアやウエアの購入など大変お世話になりました。私が通っていた頃は店長が上野さんで感じの良いナイスガイでよく割引きして貰いました

【ショアーサーフショップ(上本町店)】

よくリペアーでお世話になりました

実家から一番近かったのと友達が此処で板を買ったので通い易く、またお店の方が優しくて海の帰りに寄ってもコーヒーを飲ませてくれて良く雑談していたことを思い出します。私自身はあまり何か買った記憶はないですが、波乗りを始めた頃は頻繁にクラッシュさせていましたが毎回此処へ持って行って直して貰って、仕事の帰りに立ち寄ってボード抱えて実家まで帰ってました。スタッフの方がお店の前でリペアーしてるのをずっと教えて貰いながら見て、自分で直せる様になったので感謝です

【リノ・スポーツ】

本当に良く遊びに行きました

ここはサーフショップでもあるのですが、色んなスポーツ系のアイテムが置いてあったように覚えています。波乗りを全く知らない頃、友人とミナミ(難波)でお酒を飲んでいた時に波乗りの話になって、波乗りをやるならまず道具を揃えないとアカンよって言われて、たまたま通り掛かったリノ・スポーツに入ってサーフボードを見た時に何にもわからないのにデザインが気に入った板があって、友人も酔っぱらってたと思うのですが二人でボードを購入してしまいました。お金もカードも持っていない時代でしたのでボードをローン組んで買いました(笑)そして友人に聞きながら必要なものを酔った勢いで全てローンで買いました。後日審査が通って荷物を取に行った時は嬉しかったな~このショップは仕事の帰りや、飲みに行った帰りに立ち寄り易いのと店員さんがとても話し易く、怒られるかも知れませんが皆さんサーファーなんですがサーファーっぽくなくてとても親しみ易く、また新しいアイテム等があれば一早く入荷されていてよく試させて貰ったりしたので今は無くなってしまいましたが思い出深いショップです

【サーフプロジェクト】
阪急の服部駅(当時)にあるサーフショップで友人が4Xのウエットスーツを作りたいと言うことで一緒について行ったのが縁で通う様になり、店長の森岡さんが商売っ気が全く無く本当に人柄が良くサーフィンを愛する方で、私もウエットスーツを何着か作らせて頂きました。森岡さんサーフィンがメチャ上手かったなあ。オーストラリアのサーフブランドNEVのネブ・ハイマン氏が来日されたときのお話や一緒にサーフトリップに出掛けた話や冬のノースショアーの話等本当に楽しいお話聞かせて頂きました

【ラハイナ】

難波にありました

なんばCITYの端っこにあったサーフショップだったと思います。福田義明さんが乗られてたウイナーズという板を扱っていて、福田プロを崇拝していたので何度か訪れたことがあってボードは高価で当時何枚も買えないので、福田さんが着ていたシャツを真似してウイナーズのTシャツとかを買いに行ってました

他にも紹介したいショップがありますのでまた後日アップ致します。