リーシュコード関連おススメ,リーシュコード

昔、リーシュコードのことをパワーコードって言ってました。その頃はそんなに種類も多く無く、オーシャン&アース、10feetコード、BALIN等が 有名だった気がします(記憶が曖昧ですみません)

この3つは全て使いましたが昔のリーシュコードはスイベル部分があまり良くないので、良く絡みました。なので波待ちの時はたまに肩にリーシュを掛けて絡まないようにしていた記憶があります。最近は見ない光景なのでこの絵が浮かぶ人はかなりのベテランサーファーかな

その時代にお気に入りだったのは、10feetコードでした。長さの事では無く確かブランド名が10feetコードだったと思います(画像が見つけられませんでした)

このリーシュをショップでは見かけなくなったので、随分前ですがメーカーを探して直接メーカーから購入したことがありました

バックルで折り返すイメージ

このリーシュは足首を止める部分が通常の両サイドからマジックテープで止めるのではなく、一度バックルを通して止めるタイプ(防水ベルトの様な仕様)なので波待ちでも簡単に締め直したり、増し締めしたり出来ました逆に海から上がる時に少し外すのが面倒でした。このリーシュをショップでは見かけなくなったので、随分前ですがメーカーを探して直接メーカーから購入したことがありました

それから数年して全く見なくなりましたが、このコードをもう一度発売して欲しいなあ~何か問題でもあったのかな~

タングステンの重り付

今はタングステンの重り付のリーシュXMを使ってます。重りのお陰で肩に掛けなくても、海中へ沈んでくれます

テイクオフの大事な時に指に絡んだり、前足に絡んだりするとその波を台無しにしてしまうので結構重要です。絶対絡まないことは無いですが、殆ど絡まないのと、購入時通常はリーシュは小さい楕円にして売っているので購入時は癖が付いていてとくに在庫期間の長い商品にあたると中々癖が取れません、お湯に浸けたりしないといけません

XM リーシュ

しかしXMは大きく丸くして販売しているので 癖が全く付いていません、これだけでもサーファーに優しいです。最近はこれしか使ってないです、おススメです

また私はリーシュに癖が付くのが嫌なので家で保管するときは天井付近から真っすぐ吊るしてます。

ワックスPICKLE,おススメ,ピックル,ワックスリムーバー

ワックスリムーバーって一言でいうとサーフボードについたワックスを剥がす道具ですが、ワックスを剥がす道具もスクレーパー(こそぎ落とす道具)、 液体リムーバー(液状でワックスを溶かす)が一般的で数多く販売されています。その他では、ピックルというワックスリムーバーがあります

スクレーパー(ワックスコーム)

スクレーパーのおススメですが、これも沢山試してきましたが始めた頃に購入したスクレーパーが一番使い易いので未だに使ってます

使い易くておススメです(長年愛用)            こちらも使いましたがイマイチでした

何処のメーカーかも判らないですが、おススメのポイントはマズ削る部分は必要以上に硬くないこと、硬すぎるとフットマーク等の凸凹に対応しないのでなかなか綺麗にならないのと、個人的には薄くて削る部分の角度が緩い方が力が要らなくて楽に剥がせます

またレール部分のワックスを削り易い様に丸みがある部分が付いていること。付いていないと何度もレールを角度を変えながら削らないといけないので疲れるし、時間が掛かかります

液体リムーバー

液体リムーバー

液体リムーバーのおススメはDECANT(デキャント)かな、すみません今はそれしか知らないのですが、無臭ですし良く取れますのでそれをずっと使用していました

液体リムーバーでワックスを取ると何度もティッシュとかキッチンペーパーで拭かないと気になるので私はあまり使ってません

使い方はスクレーパーで削った後、残ったワックスを液体リムーバーで綺麗に拭き取ります

余談ですが、デッキパッドを貼るのにアセトンでワックスを落としたことがありましたが、これが液体リムーバーでは最強かと思います(コストが合わないかな)

ピックル

ピックルです・優秀なリムーバーです

最後におススメがやはり、ピックルです
スクレーパーで一通り落としたあと、このピックルでボードを擦れば中から白い粉が出てきてワックスを消しゴムのカスの様にサラサラの粒上にしてくれます

ボードも乾燥したまま綺麗になるので粒さえ掃除すればボードはピカピカになります。私は部屋で使用する時は新聞を引いたうえで作業し、終わったらボードを雑巾で拭けば綺麗です

これを使ってから液体リムーバーは使ってませんでした。でも何故ピックルが有名にならないのか不思議ですね~超おススメです