幕末関連大村益次郎,幕末

司馬遼太郎氏の『花神』を読んで大好きになった大村益次郎氏の故郷を訪ねてきました。また後半は地元大阪や京都での記録も記載しています。(Wikipediaより 大村益次郎氏 )幕末期の日本の政治家、軍人、医師、学者。維新の十傑の一人で戊辰戦争では東征大総督府補佐となり勝利の立役者となった。太政官制において兵部省初代大輔(次官)を務め日本陸軍の創始者、陸軍建設の祖とされる

大村益次郎氏

大村益次郎氏は幕末には欠かせない人物で色んな書物に登場するので名前は知ってはいたのですが『花神』を読んで凄く興味が湧いてきてどうしても大村氏が育った山口県山口市鋳銭司村を見たくなり訪問致しました。始めて訪れましたが自然豊かで空気が澄んでいて何故か懐かしい雰囲気のある本当に魅力的なところでした。駅近くの歩道橋には大村益次郎氏のふるさとと書かれた横断幕が掛けてありました

益次郎氏のふるさと鋳銭司

山口市歴史民俗資料館別館鋳銭司郷土館

ここは大村氏が生まれ育ったということで鋳銭司郷土館に大村益次郎氏の遺品等が展示してあります。また館内には鋳銭司の語源となったお金を作っていた資料も併設されていました。大村益次郎記念館には貴重な書物、記録、遺品が展示してあり人物像が書物でしか感じれなっかったのが実際に生活していたのだなあって実感が持てて興奮致しました

鋳銭司郷土館 正面に大村氏のパネル
大村益次郎氏の像
大村氏に関わった人達のパネルです
靖国神社の大村益次郎像の絵です
明治2年 太政官制主要官職補任一覧
下参謀 西郷吉之助(隆盛)と大村益次郎
幕末維新防長異才番付

大村神社

鋳銭司郷土館の隣に大村神社があり、大村益次郎氏が祀られています。中には大村益次郎氏の自画像や、大村氏が使用した四境戦争の作戦図、外国語の資料、また大河ドラマ「花神」の撮影風景等が展示されておりとても興味深い内容のものが展示されていました。静かな本当に良い神社でした

大村神社 落ち着いたとても感じの良いところでした
大村神社の説明書き
大村氏の肖像画
大河ドラマ「花神」の鋳銭司での撮影風景
代数ノート
(代数は日本では新しい学問であるが大村は原書を訳して
よくこれを学びさらに幾何、微分、積分等にも精通していました)
芸州口の戦略図
(長州は幕府と対立し幕府は長州征伐の兵を発した。大村は参謀として
防長の四境にせまる敵に対して新しい様式兵法で迎え撃った)
石州口の作戦図
(防長の四境にせまる幕府軍のに対して、大村は新式兵備をもってこれを討ち払った。
石州口では大村みずから兵を指揮して幕府軍を遠くへ追撃した)

大村益次郎ご夫婦のお墓

大村神社より少し山の方へ行くと大村ご夫婦の立派なお墓があります。少し入り込んだ静かなところですがとても大きいな敷地の立派なお墓があり、近くに大きな神道碑もありました。(神道碑とは、明治10年に大村氏の弟子であった山田顕義が功労を称えて碑を贈呈したものです)

大村氏ご夫婦のお墓の入り口
大村益次郎氏お墓前の看板
故兵部大輔 贈従三位 大村永敏墓
大村益次郎ご夫婦の墓(とても静かなところにある立派なお墓です)
大村益次郎氏のお墓(何故かペットボトルが置いてました)
大村琴子さんのお墓
大村公神道之碑
寄付人名(有栖川熾仁親王 東伏見嘉彰親王 三条實美 毛利元徳 伊達宗城 伊藤博文 井上馨 山田顕義 山尾庸三 品川彌次郎など)

大村益次郎誕生の地

大村益次郎は鋳銭司村にある医者の長男としてこの地で生まれ医者として育ちました。特に何もない所ですがこの辺り一帯は本当に長閑な良い感じの場所ばかりでした。また機会があれば是非行ってみたいな~

大村益次郎氏誕生の地

京都木屋町にある遭難の地

明治元年3月20日、京都の木屋町で大村益次郎氏が暴漢に襲われ重傷を負った現場です。その傷が元で亡くなってしまうのですが、非常に残念な気分になってしまいます。この石標は大村氏が襲撃された宿の跡を示すものだそうです

大村益次郎氏が襲われた場所です
大村益次郎卿遭難碑
大村益次郎卿遭難碑の看板

大阪病院、大村益次郎殉難報国之碑

大阪市中央区法円坂二丁目、国立大阪病院南東角の交差点に存在する大村益次郎殉難報国之碑、明治2年9月4日京都において反対派のために襲撃を受け、11月5日大阪で没しました。昭和15年に建立された当時の日本にとって大村益次郎は神的存在だったと思われます。周囲にはこの碑の建立に協賛した人々の名が刻まれていました。その名前が錚々たる面々でした鳥井信次郎(サントリー創業者)、東條英機(陸軍大将・総理大臣)、松下幸之助、鴻池善右衛門、小林一三(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者、江崎利一(グリコの創業者)など。とても立派な碑で何度も車で前を通ったことはあったのですが、今回初めて近くで見て大村氏の偉大さを感じました

兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑
碑の横に大村氏のパネル(鋳銭司郷土館のパネルとよく似ていました)

大阪市中央区、緒方洪庵邸

幼い頃から頭が良く、医師になるため23歳で大坂へ。緒方洪庵(おがたこうあん)の適塾で学び、医学や蘭学、兵学に通じる。全国から秀才が集まる中、大村益次郎(村田蔵六)は1年で塾頭になる。適塾の歴代塾頭には、久坂玄機(玄蕃の兄)、福澤諭吉等の名があり、他にも大鳥圭介、橋本左内らといった門下生を輩出した所です。ここはオフィスビル街の中にポツンとある所でこの建物だけが時代に取り残されたような感じですがとても立派な建物です

幕末から明治にかけて活躍した福沢諭吉や大村益次郎など、
多くの志士を育てた蘭学塾。現在の建物は国の重要文化財

大村益次郎氏は興味がどんどん湧いてきますのでこれからも関連する本を読んだり、足跡を追いかけて探索を続けたいと思いますので、随時更新する予定です

幕末関連,色々マツダスタジアム,宮島観光,時をかける少女

宮島 厳島神社の鳥居(干潮で近くまで行けました)

今年のGWは以前から行って見たかった宮島の厳島神社へ行くことにしました。近くを通過したことはあったのですが厳島神社へお参りするとなると時間も必要になるのでそれをメインで予定を立てました。広島へ行った日に丁度我らが阪神タイガースの試合がマツダスタジアムであるので夜はタイガースの応援をしてからお好み村でお好み焼きを食べる予定でした。しかし日頃の行いが悪いせいか初日は午前中で雨があがる予定が夜まで降ることになり、厳島神社参拝は翌日に変更して呉にある大和ミュージアムに行くことにしました。ここも時間があれば以前から来たかったところで日本が誇る戦艦大和の1/10の模型が展示されているので見に行きました。ここは雨でも屋内なので安心です。色々な展示物があるのですがこんな技術が戦時中の日本にはあったのかと本当に驚かされます。人の大きさ程の砲弾もあってこれを作るのも打つのも凄い能力ですがやっぱり平和な時代が良いです

戦艦大和
1/10スケールの戦艦大和 大迫力です

夕方からタイガースを応援するためにマツダスタジアムを訪れました。マツダスタジアムはとても綺麗で広島駅からも少し歩くだけです。行き方は全然判りませんでしたが赤いユニホーム姿の人が沢山居られるので付いて行くだけで大丈夫です。やはりカープのホームだけあって赤いユニホームは駅にもいっぱいです。テレビを見ていても思うのですが広島は赤で巨人はオレンジという感じで統一感があるのですが、阪神ファンは色に関しては黄色や黒色に白色等統一感無いですね(笑)今日はビジターなのでビジター用のパフォーマンス席を取りました(阪神の応援団はここに隔離される感じで、この席からはレフトを守っているノイジーは全く見えないです)ここではカープのユニホーム着用や応援は禁止でタイガースの応援オンリーです。試合は前半タイガースが勝っていましたが後半やや失速してカープに同点に追いつかれそのまま延長12回引き分けで試合が終わったのがなんと11時前でした(今シーズンの最長試合でした)なんでこんな日に延長戦やねん。お好み村は夜中2時までやっているそうなので慌てて行きましたが何故かビル自体がもう閉店していました(><)タクシーの運転手さんが言ってましたが日によって閉まる時間はマチマチだそうです。今日は朝5時半に起床して400キロ近く車でドライブしてタイガースの応援してホテルに着いたのが12時頃だったのでお風呂入って数秒で寝ました(笑)

マツダスタジアム 綺麗でした
さあタイガース応援するぞ~テンション上がります
この雰囲気最高ですね

翌日は朝7時位までは寝てたかったのですが昨日タクシーの運転手さんが宮島に朝から行くなら早めに出るか電車で行かないと宮島口付近で身動きが取れなくなると教えて貰いました。そこで6時過ぎに起きて朝食を食べて宮島に向かいましたが宮島へ向かう2号線は俄かに車が混み出してきたので思い切ってUターンして宮島口から何駅か離れた駐車場に車を停めて電車で向かいました。宮島口は修学旅行の学生さんや外国人で凄く賑わってました。フェリーが10分間隔であるのですが、2社あったので約5分間隔で宮島へは行けそうです。宮島に初めて訪れましたがこんなに沢山の人が続々と訪れると島中人だらけかと思いましたがフェリーには車も乗っていたので思っていたより宮島は広いようです。GWの江の島も凄い人だったですが、宮島も人の多さは凄かったです。参道のお店に並ぶ人や参拝の人が多くて厳島神社までが大賑わいでした。無事参拝をし以前から気になっていた幕末の長州征伐で長州の代表(木戸孝允:実際は伊藤博文と井上聞多らしいです)と幕府の代表(勝海舟:我が家の家紋が一緒なんです親近感があります関係ないですが)との講和会談が行われた大願寺があるので訪れました。この時に勝海舟が記念に刀を奉納したと本で読んだのですがこの刀は展示していないらしいので展示館へは入りませんでした。宮島には水族館があって入館料が1400円と安めで、涼しいのと綺麗な展示物がいっぱいあったのでこの水族館はおススメです。ここにはドクターフィッシュがいて、自由に手を突っ込めるので体験しました。何かくすぐったい感覚で角質を食べているようなことを聞いたことがありますが食べているような感じでは無く、水に手を浸けるとすぐに吸いついてくる可愛い魚達でした。そしてここで念願のお好み屋さん(マツコデラックスさんのテレビで紹介されたお店)に並んで入りました。前日のリベンジです。食べ終わった頃にはお昼をどっぷり過ぎていて、厳島神社も参道も人で溢れ返っていました。歩くのも苦労するほどの混雑でした。結局宮島には4~5時間居ました

宮島口 ここからフェリーで宮島へ
厳島神社の超有名な鳥居 干潮で近づけました
勝海舟(幕府)と木戸孝允(長州藩)との会談で長州征伐が回避出来ました
(実際は伊藤博文と井上聞多らしい)

帰りのフェリーに乗り、電車に乗り換えて駐車場に戻り、次はまたまた念願の竹原市を目指します。以前尾道で私の大好きな映画「時をかける少女」のロケ地巡りをした時にもう時間が経ちすぎていて殆ど風景が変わってしまっていてショックを受けたのですが、竹原地区は当時のロケ地がそのまま保存されていると知ってずっと来たかったので今回叶いました。ここは映画の主人公の原田知世さんの家があるという設定で通学で使っていた長い階段、地震で屋根が崩れた建物、五郎ちゃんの醤油屋さんがそのまま残っていました。お寺の奥に原田知世の家がある設定で映画では下駄を履いて歩くシーンなどがあった場面がそのまま見れてテンション上がりました。街並みも綺麗で夕方に訪れたので雰囲気もバッチリで家に帰って直ぐに映画を見直しました(笑)

映画では日之出時計店になっていたところです
五郎ちゃんの醬油屋です
芳山さん(原田知世の通学路です)ここも来たかったところです
芳山さんの通学路(塀が直されていましたが、雰囲気そのまま残っています)
瓦が落ちてきたシーンの建物です(あ~懐かしい)
これはマッサン(ニッカウヰスキーの創業者)の生家です
竹原地区はとても懐かしい雰囲気の良いところでした

今回は一泊二日の短い旅でしたが、厳島神社、竹原地区などずっと気になっていたところを回れたのとマツダスタジアムで阪神の応援が出来て大満足でした。ロケ地はこのままずっと残して貰えたら嬉しいな~