不思議な話不思議な話

これはつい先日の話で不思議と言うか、何か見えない力を感じた話です祖父母のお墓が丹波篠山の山の中のお寺にあるのですが、親戚の殆どが大阪に住んでいるので昨年の夏、丹波篠山のお墓は墓仕舞いを行い新たに大阪市内にお墓を移しました。お墓は大阪へ移ったのですが私は篠山の深い山の中にあるお寺が好きだったので先日以前のお墓がどうなったのかを見届けたかったのでそのお寺に行ってみることにしました

お寺さん(イメージ)

いつも通りの通い慣れた道で近くまで行くと毎年数回は来るのでナビを見なくても普通にたどり着ける道です。しかも立派なお寺さんなので何も気にせず辿り着くことが出来ます。その日もいつも通り近くまで来たので何も考えずに知った道を走っていたのですが、何やら道がいつもより細く感じてナビを確認しても合っているのでそのまま走らせているとますます細くなってくるのです。今まで一度も道を間違ったことなんてありませんでしたが『あれ道間違えたかな』って思っていると横に乗ってた嫁が『いつもと道が違うよ』って言うのでナビを見るのですが目的地のお寺さんの名前も出ていたので『間違っていつもと違う道から来たのかな』って言うと嫁が『同じ名前のお寺さんがあるのかな』って言う感じで引き返せないような道幅なのでそのまま登りきったのですが、そこにはいつも来ているお寺さんがあったのです

こんな一本道でした(イメージ)

その時は何でかなって言う位で一応墓仕舞いをしたお墓が綺麗に整地されているのを確認して来た道を戻るのですが、やはり明らかに道が狭く感じるので少し不思議な気持ちになりました。もうこのお寺には二度と来ることがないと思うと寂しい気持ちにもなりました

私が思うのは、この道は20年以上通っているので道を間違うことなんて絶対ないし、大阪からここまで通って来てくれてると祖父母が迎え入れてくれてたから安心して通える道にしてくれていたのか、もう祖父母はそこに眠っていないとなるとそういう力が働かなくなったのでしょうか

考えすぎと思われるかも知れませんが、お寺さんへの道は少し曲がったりはしていますが一本道で今まで迷うこともなく間違いを疑ったことも無い様な道で二人で間違ったと思えるほど道が狭く感じたので何か不思議な力が今までは働いていたのかなと思ってしまいます

色々,DIY関連エラー,トヨトミ石油ファンヒーター,E-6

トヨトミ石油ファンヒーターのエラー対策

石油ファンヒーターが突然のエラー

愛用のストーブが突然”E-6”のエラーメッセージを頻発させる様になり、取り扱い説明書通りに掃除をしたり換気をするが全然直らない

E6の原因(取扱説明書によると)

「表示の意味」 ●換気不良・手入れ不良・その他の異常によりバーナ(燃焼部)への空気の供給が不足したので不完全燃焼による危険を防止する為、自動消火しました。(不完全燃焼防止装置が作動)

「処置方法」 ●燃焼空気取入口(給気フィルター)の掃除をし、窓やドアを開けて充分に部屋の換気をしてから、再点火してください。ご使用中は必ず1時間に1~2回換気してください。

E6の原因究明
掃除や換気で一時的に直ったと思っても結局またエラーを繰り返すので掃除をしたところで根本的な解決に至らない。そこでネットで色々調べてみたが、やはり皆さん取説に書いている様な一般的な掃除をしたところで解決出来ないと書いてあり

修理依頼という方法もあるが、修理の費用を考えると恐らく買い替えるのとあまり変わらない値段になりそうなので自身で修理するしかないと判断

分解等を行って徹底的に原因を見つけて直すしかないので、思い切って実行に移しました

以前の石油ファンヒーターも同じ様な現象で早々に買い替えましたが、毎回2~3年で買い替えるには勿体ないので今回は買い替える覚悟で挑みました

自身で修理する以上、全て自己責任となります

石油ファンヒーターの分解と掃除①

 まず、フロントパネルを外すために付いているビスを全て外す(前面の横に2本)
フロントパネルは意外とアッサリと外れるので、外した状態で中の埃等を調べるがそこまで汚れていない
掃除機で軽く掃除をして、次に裏側のファン辺りを分解するが、此方は空気が流れるので埃もそれなりに溜まっている
此方の面も掃除がし易い様に分解し、埃を掃除機で吸い、雑巾で綺麗にする
手が届かない所もあるので、掃除機の小さいノズルで出来る限り吸い取る
結構時間が掛かるが綺麗になったので一度組み立てて、試運転をしてみる

石油ファンヒーターの試運転①

綺麗になったところで試運転を行うが、普通に動き出した。
1時間程、様子を見るがエラーは出なそうなので、このまま引き続き様子をみることにする
他の皆さんのエラー対策を確認しているとフレームロッドという部品がエラーを引き起こしているようだが、我が家のファンヒーターは単純にゴミが原因だったのかな(その時はそう思っていた)

石油ファンヒーターの試運転②

試運転を行って数時間経った頃だろうか、突然エラー音が聞こえ停止してしまった(やはり)
掃除しただけエラーが無くなるとは正直あまり思ってなかったのと、センサー等を掃除した記憶もないので自分自身の中でも達成感は全く無かったので、皆さんが言われているフレームロッドが原因なのかなって思います。うちのファンヒーターだけが例外な訳ないか~

石油ファンヒーターの分解と掃除②

ということで早くも2回目の分解を行いましたが、正面にある火が燃えてる部分についている窓雲母と言われる小さいガラスのような小窓を少し破損させてしまって後日作成することになりました(その時の様子は備忘録に載せていますので参照下さい)

自作の窓雲母(綺麗になりました)

今回はフレームロッドの状況を確認及び、掃除をします
皆さんの情報によればフレームロッドが真っ白になっていれば、シリコーン酸化物などが付着して正常に機能していない状況だということでフレームロッドを掃除し汚れを取り除くか、フレームロッドの交換が必要とかいてました

フレームロッドの場所(釜の横側)

見てみると見事に真っ白でした しかし、フレームロッドを外すにしてもドライバーを突っ込むスペースが無い為、完全に釜部分を外して作業するか、直角に曲がったドライバーが無いことにはネジが回せない、仮に直角に曲がったドライバーがあったとしても回せない(当たり前か~)

釜を外すのは面倒そうで壊れても本末転倒なので、ドライバーを即席で作ることにしました
道具箱を探して、六角レンチの先がプラスのドライバーになっているレンチを見つけたので、プラスのドライバー部分だけを短く切って使用することにした

この部分をカットして、六角のラチェットにこのドライバー部分を差し込んで使用

これでフレームロッドが外れるので、後は金属ブラシで磨くだけで新品の様な輝きになり交換しなくても充分使えます。これで話題のフレームロッドも綺麗になったので再度組み立てて試運転です

真っ黒(先端は真っ白)なフレームロッド(掃除前)
今回はルーターで研磨(金属ブラシでも大丈夫です)
研磨後のフレームロッド(綺麗になりました)

【後日談】こんなドライバーをわざわざ作らなくても、釜の部分は正面下の小さいネジ1つで止まっているだけなのでそれを外せば、フレームロッドも簡単に外せます(こんな特殊なドライバーは不要でした)

このネジを外せば釜は外れます

石油ファンヒーターの試運転③

試運転を行って数時間経っても全然エラーになる気配が無く、その日からエラーの出ない日々が続きました

今度エラーになっても対策も解ったたので、このファンヒーターとも長いお付き合いが出来そうだと思ったのも束の間、三日目くらいに何かガラガラと異音が鳴り響き、悪夢のようなエラー音が鳴り響きました

石油ファンヒーターの分解と掃除③

折角対応方法が解ってもこのペースでエラーになったら、たまったものでは無いので結局処分しかないのか、諦めムードで再度分解してフレームロッドを確認すると白くなっている様子が無い

あれっ、まだ他に問題がある箇所があるのか、懐中電灯で釜の中を丹念に探すと釜の奥の下の方にもフレームロッドらしきものを発見(もう一つあるの~)

釜の下部にもフレームロッドが隠れている

こちらも遠目に見るとあきらかに真っ白。この部分正面から外せないので裏側のファン部分から分解すれば良いのか分かりませんが、面倒そうなので釜をどうして外すか思案したところ、先程記載しましたがネジ1つで簡単に外せました

解り難いですが真っ白に焼けたなフレームロッド

釜さえ外せたらブラシは届きますので、金属ブラシで掃除をし再度組立を行う

もう一つのフレームロッドは
狭い所にある為、小さいブラシを使用
研磨後のフレームロッド

石油ファンヒーターの試運転④

今回の試運転は掃除を完全にやり切った感があるので、これでダメなことはないだろう的な思いで行いました。少しドキドキしましたが無事その日はエラー無しで動きました

その後、一度も掃除をしてませんが今のところ無事動いています

最後に

この結果はあくまで我が家のファンヒーターだけの事象だけかも判らないことと、分解掃除は自己責任でお願い致します

フレームロッドの汚れはシリコーンスプレー等によるものらしいのですが、違う部屋で使ったスプレーのシリコン成分がストーブの釜の中のセンサーが拾ってエラーを出すっていう仕組みに非常に腹が立つのは私だけ?

追伸

昨年も一度もエラーが出なかったので分解掃除はしなかったのですが、今年の冬使い始めて直ぐにエラー(E-6)が出たので、早速分解掃除をしましたので最新の画像を記載します

また今回は金ブラシでは無くルーターを使いました(一瞬で綺麗になります)

作業には慣れてしまったので簡単に終わらせたのですが、試運転で異音と共にエラー(E-9)が出て焦りました

よく見たらフレームロッドが本来垂直についているものが、真横に付けてました(慣れたので確認も怠ってました。反省)

もしこのストーブを使用されているならE-6は怖く無いですよ~簡単にクリアできます