その他(必要と思うもの)サーフィン必需品

サーファーの必須アイテム・ポリタンク

                                       
シャワーの無い海岸で波乗りをするのに必需品です。私は必ず持って行きます。水の出る駐車場も沢山あるのですが、その時の波の状況によってポイントを選択するので何処でも入れる様にお湯は積んで行きます。

以前は20リットルのポリタンクを主に使っていたのですが、持ち運びも面倒だし、ポイントを移動しながら何度も入水したりもしなくなったので今は10リットルのポリタンクに保温バッグを被せて携行しています

今使用している10リットルの
のタンク&カバー

車に背面タイヤをつけていた時はこのタイヤにポリタンクを載せて蛇口を取り付けて両手で頭や身体を洗ってましたが、今の車は背面タイヤが無いのでバケツに入れながら洗ってます。100均で売っている柄杓の大きいのを使っていたこともあったのですが一回ですくえる量が少ないので今はバケツで水をかぶっています。ただ、柄杓型の方が使い易いと思います

昔ポリタンクをカバーから出し入れするのが面倒で何か保温出来る方法が無いかということで、要らないウエットスーツを切ってタンクのカバーを作って使っていたことがあったのですが、ジャージのウエットスーツ生地だったので使う度に濡れてしまってそれを拭くのが面倒なのと、乾かすのも面倒なので今は使っていませんが保温力には問題ありませんでした。そんな商品もあったと思います

その他(必要と思うもの)サーフィン必需品

ウエットバケツ(Lサイズ)

以前はウェットバッグと言うものがあって、その防水バックにウェットスーツを入れて帰ってました。それより以前はごみ袋に入れて持って帰ってました。いつの頃からか四角いバケツのようなものが売り出されて今はそれを使っています。収納も楽ですし、冬場友人はその中にお湯を入れて、着替えながら小さいお風呂の様にして使っています

Mサイズ 蓋つき

私は一回り小さいMサイズを使っているので湯舟には出来ませんが重宝してます。大きいサイズも以前使っていましたが現在の車の荷台が狭いから小さいバケツを使ってます。ただこのバケツはウェットを洗ったり、蓋もあるので移動中に格納出来たりと本当に欠かせない相棒です

このBOXは大容量で凄く重宝するのですが、持ち運び用の取っ手が離れているために両手で持つ必要があるので使い辛く、ショルダーのストラップも最近あるみたいですが肩から掛ける必要もないので、私は片手で持てるように百均のベルトを取っ手に通して運んでいます

片手で持てるようにしました

持ち運びのアイテムが販売されないかな~

【追記】
このウエットバケツを長年愛用しているのですが、先日取っ手に亀裂が見つかり買い替えを考えていたのですが千切れる前に結束バンドで修理してみました。今の所、普通に使えてるのでこのタイプのウエットバケツを使用している人は一度チェックしてみたら良いかも知れませんね。取っ手の付根が4か所中、3か所に亀裂がありました

何とか切れる前に処置出来ました
何年も使ってると愛着が湧きます